ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

タグ:YAMAHA FG-122 ( 5 ) タグの人気記事

最後のツーショット!^^;

新たにアコギを購入しようかと検討中でして、、、
その為置き場所確保のために、残念ですが一本手放すことにいたしました。
姉貴のところに預けてたFG-122。
ラインアップ中最安の楽器ですが、なかなか良い音出してくれてました。
上下駒、ブリッヂピンをTUSQ、そしてロッドカバーはTHE FGのモノを流用してFG150っぽくしたりして。。。(^^ゞ
代りに姉貴のトコにはエピフォンのEL-00を置いてきた。
只今FG-122をオリジナルに戻している最中です。
a0017909_17252193.jpg
明日にはハードオフにドナドナしに行かねば。。。
最後におじいちゃんのFG-150との記念写真のツーショット!
a0017909_17252020.jpg
あんまり弾いてあげられなかったけど、、、
ありがとうね、、、Fg-122
(´Д⊂ヽ

a0017909_17252531.jpg
a0017909_17252398.jpg
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2017-04-01 17:26 | 音楽 | Comments(0)

FG-122 一気に完成!^^

先日銀座のヤマハに発注していた部品を今日引き取りに行ってきた。
トラスロッドカバーであります。
アコギにヘッドについてる三角形の”フタ”。
FGの復刻版”THE FG"用のソレを注文してあったのです。
本当はFG-150用のモノが欲しかった。
FG-180(30ANV)またはFG-512SJのロッドカバーがビンテージFG-150とほぼ同じデザインノモノ。
どちらも生産終了商品。。。
一応問い合わせてもらったら、それらは供給終了なんですと。
残念。。。
( 一一)
なので似たようなアルミ製のTHE FG用の頼んだわけです。
a0017909_21154082.jpg

a0017909_21155255.jpg


で、こいつらをつける前にやることがまだまだある。
今日は一気に片づけてしまいます。
まずサドルを整形。
オリジナルでかたどった無垢材を削っていきます。
a0017909_2133196.jpg

電動ルーターが短時間しか使えないので、残りの部分はヤスリでシコシコと。。。
ま、粗目のサンドペーパーで一気に削ってしまいましたけど。
オリジナルとほぼ同じアールに削ったら、今度は長さ。
実際にブリッジの溝に合わせて一度チェック。
目印まで削ります。
で、今度厚さを合わせます。
初めは大胆に、最後は慎重に厚さを合わせます。
削ってはハメ、削ってはハメ、、、
これを繰り返して、溝にぴったり、ややきついぐらいの暑さまで削ります。
後は溝の両脇に合わせて角を丸くします。
あとは上部のアール部分。
a0017909_2134956.jpg

一度ギター本体にハメ、弦も張り、サドル上の弦の位置をマーキングします。
a0017909_21342655.jpg

あとはこのマッキングが消えるか消えないかぐらいまで削って山を作ります。
a0017909_21351088.jpg

今回弦と当たる部分を”点”になるようにけずりました。
山の前後の位置はピッチを考え適当に。。。^^;
a0017909_21354610.jpg

ほぼ整形が終わったら、今度はナットとの兼ね合い調整。
1F押さえた時、まだ高く感じるので、ざっと削る。
そして12Fの弦高を目標にサドルの底を削り一度チェック。
まあ、ほとんど大丈夫なのでナットを接着。
タイトボンドで接着です。
一緒に今までのロッドカバーの穴を埋めます。
楊枝にボンド着けて差し込みます。
a0017909_2147276.jpg

ボンドが渇いたら余分な部分を切り取り、できるだけ平らにします。
新しいカバーのねじ穴を新たに開けて装着。
a0017909_21491882.jpg

弦を戻して完成!
作業時間約三時間。。。
結構早く出来た!
(*^o^*)
で、でも、、、
こ、腰が、、、
変な体勢で作業続けたから。。。
(;>_<;)

で、肝心の音はというと。。。
音質はなんら変わらんですね。。。
相変わらずのチープな音。。。^^;
鳴りは少しいい感じになってきました。
木の成果も。。。^^;
オリジナルよりは弾きやすくなったから、、、
ま、いいっか!
(;^ω^)

a0017909_21541637.jpg


a0017909_2150348.jpg


a0017909_21502293.jpg


a0017909_21504876.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村


YAMAHA FG-122 FG-150 THE FG トラスロッドカバー QC697600 TUSQ 弾き語り ヤマハ アコースティックギター アコギ AcousticGuitar
[PR]
by yellow-bird007 | 2016-08-11 22:05 | 音楽 | Comments(0)

FG-122ぼちぼち調整。。。

まずは、ナット部分。
オリジナルを取り外した痕の接着剤を削り取っていきます。
a0017909_21274658.jpg

FSの時より接着剤の量が多いみたいで、こびりついた接着剤を落とすのが大変でした。
スクレーパーが手元になかったので、カッターを使って少しずつ削っていきまっした。
角の部分は入念に。
ここに残っていると、ナットの角がきっちりはまらず、斜めになってしまいますからね。
ほぼ削り取れたら、角やすりで削っておしまい。
ナットからはみ出る、余計に削ってしまった部分は後で細かいヤスリとコンパウンドで磨き上げる予定。
昨日削って斜めになってしまった、TUSQのナットの底を直角になるように削りなおしました。
高さにまだ余裕があって良かったです。
無かったらまた買い直しですから。。。
ナットの高さはサドルが出来上がってから仕上げます。
今のところ少し高いようなので。。。
(;^ω^)
a0017909_2128203.jpg

後はストラップピンをネックヒールに取り付けました。
(*^_^*)

a0017909_21283360.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2016-08-08 21:29 | 音楽 | Comments(0)

更なるチープさを求めて。。。

またまたカミさんに怒られそうですが。。。^^;
a0017909_23331134.jpg

買ってしまいました。

YAMAHA FG-122
a0017909_23373954.jpg

中古であります。

安い楽器であります。。

定価12000円であります。。。。

ヤフオクで3000円で購入であります。。。。。

で、でも。。。

値段の問題ではなく、置く場所の問題が。。。
(;^ω^)

ま、買ってしまったものはしょうがない!
、、、と開き直って。^^;

先日買ったFS-325も結構満足してるんですが、、、
白いバインディングが~。。。( 一一)
a0017909_23335656.jpg

黒いバインディング、FG-150みたいなのがイイ!

さいど&バックもマホガニーのギターがイイ。

FS-325買った後の虎視眈々と探しておりました。
本命はFG-150ですが高いから、FG-152BとかFS-320Aとか探してましたが
いいタマが中々見つからず。。。
そんな折見つけたのがコイツ、FG-122.
調べてみると1975年製だとか。。。
ボディサイド&バックはマホガニー合板。
ネックはナトー。
指板、ブリッジはブビンガ・・・・と、
良い材料は使っていませんけどね。
合板だってかまいません!
チープさを求めてますから。
なんなら板が捲れあがっててもいいぐらいで。。。^^;
チープな楽器で良い音が出たらなんて素敵でしょ!
そんな無謀な夢を抱いておりますが。。。
いい音なんか出るわけがない!
もともとこの値段の楽器は入門用。
しかも入門用でも下のクラス。
当時の入門用だとやはり25000円が標準かな。
25000円を二割引きにして20000円で書くのが通例って感じでした。
25000円の楽器だと音も耐久性もまあまあって感じでしたから。
(*^^*)
とは言っても期待も少しは持ちつつ届いてみたら、程度はまずまず。
ボール紙製のハードケース、、、久しぶりに見ました。^^
当時の格安ハードケース、果たしてボディを守れるほど丈夫なのか。。。
定かではない。
( 一一)
で本体ですが、、、
ネックは若干順反り。
ボディにピック痕や傷、擦り傷等多数ありますが、問題になるような割れや剥げもなく。
3000円なら十分かと。
で、音はどんなもんか弾いてみようとしたら。。。
弾けない。。。
( 一一)
a0017909_23324646.jpg

なんじゃこりゃっ、、、て~弦の張り方。^^;
ペグの巻か方がめちゃくちゃ!
ストラトじゃないんだから。。。^^;
弦も太さが出鱈目!
3弦プレーンって、、、エレキかよ!^^;
仕方ないので在庫してたMartinのSPに交換。
一度全部外してクリーニング。
トラスロッドも調整して反りを治す。
このFGはロッド調整はヘッド側。
しかも専用の8mmのボックスレンチが必要。

そんなもの無いので。ナットに溝が切ってあったのでなんとかドライバーで回して調整。
ほぼ真っすぐに。
a0017909_23345965.jpg

フレットもサビサビ!
マスキングしてピカールで磨き上げ、一緒にボディは面倒なのでピカールで磨き上げ。
しつこい汚れごとこそげ落として磨き上げました。
a0017909_23364786.jpg

a0017909_2337369.jpg

ボディの中のぞいたら、ゴキブリの死骸が。。。( 一一)
掃除機でお掃除だ~ぃ。
糸巻きも6弦5弦がグラついていたので、取り外して分解調整。
ガイドを締め上げOK!
(*'▽')
さて弦を張って弾いてみました。
a0017909_23381990.jpg

鳴りはいいですね。
さすがヤマハ!
鳴りだけはね。。。^^;
音質は”ハコ”っぽいパコパコ感のある渋めの音かな。
ギブソンのL-00とかね。
ま、いわゆる”安物”の音。
ま、この音質はこれで満足できるんですが、、、
ただ音のバランスがね~。。。
FS-325をさらに悪くいした感じ。
高温弦はキラキラチャラチャラ。。。
低音弦はボコボコボンボン。
弾きこなすにはちっと難しい音ですね。
一音一音しっかりひかないとなりません。
高い楽器と安い楽器の違いはここにありますね。
高い楽器はラフに弾いてもバランスよい音がなってくれる。
さーてまたTUSQの出番ですね~。
また3点セット買わねばと。。。

午後から御茶ノ水にお買い物です。
石橋でパーツ買ってカワセで弦を購入。
そのあと銀座のヤマハへ。。。
暑くて疲れました。
なので続きはまた後日。。。
(;^ω^)



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2016-08-07 23:40 | 音楽 | Comments(0)

更なるチープさを求めて。。。

またまたカミさんに怒られそうですが。。。^^;
a0017909_23331134.jpg

買ってしまいました。

YAMAHA FG-122
a0017909_23373954.jpg

中古であります。

安い楽器であります。。
a0017909_23423670.jpg

定価12000円であります。。。。

ヤフオクで3000円で購入であります。。。。。

で、でも。。。

値段の問題ではなく、置く場所の問題が。。。
(;^ω^)

ま、買ってしまったものはしょうがない!
、、、と開き直って。^^;

先日買ったFS-325も結構満足してるんですが、、、
白いバインディングが~。。。( 一一)
a0017909_23335656.jpg

黒いバインディング、FG-150みたいなのがイイ!
a0017909_23421217.jpg

さいど&バックもマホガニーのギターがイイ。

FS-325買った後の虎視眈々と探しておりました。
本命はFG-150ですが高いから、FG-152BとかFS-320Aとか探してましたが
いいタマが中々見つからず。。。
そんな折見つけたのがコイツ、FG-122.
調べてみると1975年製だとか。。。
ボディサイド&バックはマホガニー合板。
ネックはナトー。
指板、ブリッジはブビンガ・・・・と、
良い材料は使っていませんけどね。
合板だってかまいません!
チープさを求めてますから。
なんなら板が捲れあがっててもいいぐらいで。。。^^;
チープな楽器で良い音が出たらなんて素敵でしょ!
そんな無謀な夢を抱いておりますが。。。
いい音なんか出るわけがない!
もともとこの値段の楽器は入門用。
しかも入門用でも下のクラス。
当時の入門用だとやはり25000円が標準かな。
25000円を二割引きにして20000円で書くのが通例って感じでした。
25000円の楽器だと音も耐久性もまあまあって感じでしたから。
(*^^*)
とは言っても期待も少しは持ちつつ届いてみたら、程度はまずまず。
ボール紙製のハードケース、、、久しぶりに見ました。^^
当時の格安ハードケース、果たしてボディを守れるほど丈夫なのか。。。
定かではない。
( 一一)
で本体ですが、、、
ネックは若干順反り。
ボディにピック痕や傷、擦り傷等多数ありますが、問題になるような割れや剥げもなく。
3000円なら十分かと。
で、音はどんなもんか弾いてみようとしたら。。。
弾けない。。。
( 一一)
a0017909_23324646.jpg

なんじゃこりゃっ、、、て~弦の張り方。^^;
ペグの巻か方がめちゃくちゃ!
ストラトじゃないんだから。。。^^;
弦も太さが出鱈目!
3弦プレーンって、、、エレキかよ!^^;
仕方ないので在庫してたMartinのSPに交換。
一度全部外してクリーニング。
トラスロッドも調整して反りを治す。
このFGはロッド調整はヘッド側。
しかも専用の8mmのボックスレンチが必要。

そんなもの無いので。ナットに溝が切ってあったのでなんとかドライバーで回して調整。
ほぼ真っすぐに。
a0017909_23345965.jpg

フレットもサビサビ!
マスキングしてピカールで磨き上げ、一緒にボディは面倒なのでピカールで磨き上げ。
しつこい汚れごとこそげ落として磨き上げました。
a0017909_23364786.jpg

a0017909_2337369.jpg

ボディの中のぞいたら、ゴキブリの死骸が。。。( 一一)
掃除機でお掃除だ~ぃ。
糸巻きも6弦5弦がグラついていたので、取り外して分解調整。
ガイドを締め上げOK!
(*'▽')
さて弦を張って弾いてみました。
a0017909_23381990.jpg

鳴りはいいですね。
さすがヤマハ!
鳴りだけはね。。。^^;
音質は”ハコ”っぽいパコパコ感のある渋めの音かな。
ギブソンのL-00とかね。
ま、いわゆる”安物”の音。
ま、この音質はこれで満足できるんですが、、、
ただ音のバランスがね~。。。
FS-325をさらに悪くいした感じ。
高温弦はキラキラチャラチャラ。。。
低音弦はボコボコボンボン。
弾きこなすにはちっと難しい音ですね。
一音一音しっかりひかないとなりません。
高い楽器と安い楽器の違いはここにありますね。
高い楽器はラフに弾いてもバランスよい音がなってくれる。
さーてまたTUSQの出番ですね~。
また3点セット買わねばと。。。

午後から御茶ノ水にお買い物です。
石橋でパーツ買ってカワセで弦を購入。
そのあと銀座のヤマハへ。。。
暑くて疲れました。
なので続きはまた後日。。。
(;^ω^)



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2016-08-07 23:40 | 音楽 | Comments(0)