ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

タグ:LiuXi ( 8 ) タグの人気記事

楽器を換えて、練習も基礎へと。。。

ここ数回の練習から楽器を換えております。
以前に戻ってLiuXiでの練習。
先日弦を換えて、テールガットも換えて大分良い感じになったので、暫くGAWAはお休みさせます。
・・・って言うか、このLiuXiで十分、いやLiuXiの方が優れているのでは・・・とも思ってたりして。
G線はLiuXiの方が明らかに音を出しやすい。
開放弦との共鳴もLiuXiの方が大きく響くし。。。
ネックのシェイプもストレートでシフティングの感じが掴みやすい。
唯一の悩みはボディが少々大きく重く感じること。
ボディアーチの膨らみが大きいのですよ!
だから持った感じ少々違和感があったりして。。。
二度の調整で買った当初より見違える様な変貌を遂げてたのだけどね。。。
すいでにGAWAも買ってしまっていたし、こっちの方が三倍高いので使わないわけには行かなくて。。。

でもね~。。。

もうGAWAの方は売ってしまった方が良いのか?!
そんな事を思う今日この頃。。。
σ(^◇^;)。。。


で練習内容も最近基礎練習が多いです。
フリマリーのスケール練習に始まり、今日は鈴木教本第一巻に逆戻り。
練習曲を音符を読みながら、しっかり弾く練習。
暗譜しないように、読譜力の訓練のためです。

昔とはボーイングの感覚も随分変わったもんだと。。。
まだ移弦の時不安定になりますが。。。
σ(^◇^;)。。。

暫くこのように基礎のおさらい練習を続けようと思ってます。
(^_^)b


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2013-08-01 00:17 | Violinな日々 | Comments(0)

毛替えとか。。。

金子バイオリン工房に行ってきました。
先日預けたLiuXiの調整が終ったので引取りに。
ついでにアルシェの弓の毛替えも作業してもらいました。
ちょっと最近滑り気味だったんで。。。

作業終って試し弾き。。。

松ヤニ持って行かなかったから、金子さんとこの松ヤニを借りた。
しかも緑色の松ヤニ!^^;
こんな色あるんですねって感心してたら、赤いのもあるんですって!
へぇ~って感じで。。。
(・o・ )
で、この緑色の松ヤニ、塗ると毛まで緑色になるんですわ。
はっきりした緑色ではないですけど、うっすら緑色。。。
もっともっと繰返し使ってると、もっと濃くなって。。。
金子さん曰く"カビが生えたような色”になるそうな。。。
σ(^◇^;)。。。

で、ちょっと困ったことに。。。
|||(-_-;)||||||



調整してもらったLiuXiがエライことに。。。
(´~`)



す、すんげ~良くなってんじゃないの!
(-"-;)

GEWA買わなくても良かった。。。ぐらいな。
...((((((^_^;)

音の厚みはまぁ以前から良かったですが、
それに加え音の発音の良さ、音の鳴り易さプラスされてしまって。。。
一枚幕の掛ったような、音のヌケの悪さも陰も形も無くなってしまい。。。
AM放送からFM放送に格上げした様な音質になりましたわ。
ネックも削って少し細くしてもらってグッドフィーリング!^^

ほんとヤバイぐらい困ってます。
これではおいそれと手放すわけにはいかない。
(-"-;)
ホント困ったわ。
(´~`)

今回は駒を色々削って細工していただいたのと、ネックの厚さを若干削っていただいて、ニスもちゃんと判らないように仕上げていただきました。
工賃もGEWA買ってもらったからサービスですって(=^・^=)
金子さん、ありがとうございました。
m(_ _)m

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援宜しく御願いいたします
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

音楽広場
[PR]
by yellow-bird007 | 2010-06-17 23:56 | Violinな日々 | Comments(0)

ペグの調整とか。。。

今日はLiuXiの糸巻を弄っておりました。
予備の弦が無いと心配で出来なかったのですが、昨日通販で頼んでいた弦が届いたので、これで安心!
切れても大丈夫!
σ(^◇^;)。。。

初めに、以前交換して、削りっぱなしで木地がむき出しの糸巻の着色です。
今回はニスじゃありませんからね。
ニスだと厚みが出てしまいますから。
それに動きが渋くなりそうなので。。。
”スティン”という塗料を使います。
塗料というより染料なんですね。
木地を染めてしまいます。
木の繊維の中まで着色できるの、擦っても色が剥れません。
塗るのは普通の刷毛で、2回ほど重ね塗りすれば十分かと。。。
塗ったペグが右側です。
長さも削って最適な長さに。。。
(*^_^*)
a0017909_17503080.jpg


今回は一本づつ外して塗って行きました。
一度に全部外して作業する時は、どの糸巻が何番弦の物か、ちゃんと印しをつけたほうがいいでしょ。

そして一度装着して、堅さを調整。
まぁ、予想通り、全てのペグが固め。
締め込んでから回すと、コキッ、コキって具合になりますね。
これの調整方法、私なりなのであまり参考にして欲しく無いのですが。。。
まず”PEG DOPE”(蝋の様なもの)ペグに塗って、穴に差し込んでグリグリ回して、軟らかーくしてしまいます。
余計なPEG DOPEをティッシュでふき取ります。
今度は”PEG COMPOSITION"をペロっと塗って、同じように穴に挿してグリグリと。。。
この時、ヌターって感じの糸巻の回し具合になると良い。
で、また余計なモノをふき取る。
そして、チョーク(黒板に書くヤツ)を綿棒でスリスリ。。。
その綿棒でチョークの粉を、ペグとペグ穴の両方にパタパタと塗って行きます。
これで軽く回るけど、何故かちゃん止まる糸巻が出来上がりです。
ゆるい時は更にチョークを増量。
これで止まると思います。
この方法で、MASAKICHIの糸巻も以前調整しました。
MASAKICHIのは酷くて、ちょっと緩めると、スルスルっと弦がダラッとするまで緩んでしまってたんですけど。
調整したら、スムーズで且つ緩まない糸巻になりました。
(*^_^*)
勇気のある人試してね!
σ(^◇^;)。。。

↓これが着色前。
a0017909_1853422.jpg

↓着色後
a0017909_1854331.jpg



ブログランキングに参加しています。ポチッと応援宜しく御願いいたします
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

音楽広場
[PR]
by yellow-bird007 | 2010-01-03 18:06 | Violinな日々 | Comments(0)

弦楽器フェアに行ったりして。。。 L196

今朝は仕事明けで、帰りに弦楽器フェアに寄ってきました。
ホント、ただ寄っただけになってしまいましたが。。。
σ(^◇^;)。。。
a0017909_2348449.jpg

会場が暑くって。。。(ーー;)
逆上せそうなので、会場をざっとひと回り見てさっさと退散。
ホントは試奏としたかったけど、日曜とあって、人の出も早い。
個人制作者のコーナーで、金子さんの作品とその側に置いてあったほかの製作者さんの展示品を弾いたみただけ。
(^_^;)
そう言えば、金子さん新作作ってたんだ~。
先日出来上がったばかりだと言ってたけど。。。
そんな様子全然なかったから。。。
(*^。^*)
試奏したのは三台だけ。
それも開放で弾いただけ。。。
こうゆー場所で弾いても変に緊張して良く判りませんね。^^;
見るだけでいいです!私しゃ。
┐('~`;)┌
もっと上手くなった、また出向くとして。。。^^;

家に帰って練習、練習!^^
前回に続いてガヴォットを練習。
テンポ70でゆっくり弾きながら、弓を大きく使う練習。
相変わらずテンポに合いませんが。。。( ; ゚Д゚)
音符の長さが変わっただけで、乱れます。^^;
まぁ、ガボットを上手く弾くための練習では無いので別に気にしませんが。

そんなこんなの練習、今日はあまり長くはやらなかった。
他にやる事あったりして。。。

実はガルコピを手放すことに。
手放すのは惜しいけど、手元に置いといたらもっともったいないし。。。
オークション出品用に写真撮ったりして時間とられた。
ヴァイオリンの写真って何故か難しい。
私が下手なだけ?^^;

その後、ペグシェーバの刃を砥石で研いだ。
先日買ったフィッティング、金子さんトコでやってもらうつもりでいたけど(楽器フェアでもそうお願いしてた。)、ペグシェーバーがちゃんと削れれば自分でやってしまうかなって考えで。。。(´~`)
砥石と暫く悪戦苦闘!
砥石で刃物を研いだことなんか今まで皆無かも。。。^^;
研げたのかも判らない。。。
ネットで正しい研ぎ方を調べつつ何とか削れるまでに。^^
前回失敗して残ったペグで試し削り。
おぉ~っ!見事な削り心地。
削った面もツルツルだし。。。
コレならいけそうと、早速先日買ったセットの糸巻を削る。
一本目成功!
二本目。。。失敗。( ; ゚Д゚)
引っかかった!
一度引っかかると、まずヤバイ!
無理に回すと前回のように折れる!
今回はささくれ立ったトコをヤスリで均して再挑戦。
しかしまた引っかかる。。。ヤスリで削る。。。
コレの繰り返し。。。
刃の出っ張りも調整し、やっと回りだした。
しかし!削ったペグを見てみたら何故か一部欠けておる!
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!
でも使用にはギリギリ耐えられそう。
E線に使うことにしました。
そして残り3本4本目もドキドキしながら、なんとか問題なく削れた。^^
後は出っ張った部分を鋸で切って、弦を通す穴を開けて完成!
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
ペグの先端の最終仕上げは後日、弦の交換の時にやることにして。
テールピース、顎当ても交換して、見事イメージチェンジ!
o(^-^o) (o^-^)o♪
今回のフィッティングはナツメ材。
ツゲに似た白っぽい木材。
しかもペグとテールピースは彫り物入り。^^
気分は陳昌絃作!。。。チョッと違うが。
σ(^◇^;)。。。
でも、自分で出来たから工賃(多分一万円ぐらい)浮いたわけだ~!^^
良かった~。^^
ひとまず、ホっ。(*^。^*)
a0017909_23495256.jpg
a0017909_2350082.jpg
a0017909_2350726.jpg







にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2009-11-01 23:56 | Violinな日々 | Comments(0)

顎当て調整

鈴木君弐号機の顎当て結構良いんですよ。
テールピースを跨ぐ形の物ではないタイプなんですけど。。。
取り付け角度がピッタリ合ってる感じ。
それに比べると、今までフィットしてると思ったLiuXiの方がなんかシックリこない、どうも厚みを感じてしまうんです。
確かに、通販で買って何も調整無しに取り付けただけですからね。。。
σ(^◇^;)。。。
なので今日はLiuXiの方を弄くってみました。

まず顎当てを外して、足の部分のコルクを剥がします。
そして後は紙やすりの上で、やや角度を付け削りこんで行くだけ。
ローズウッドは削りやすいです。
削り過ぎないか、角度付け過ぎてないか、確認しつつ削ります。
ほぼ底が平らになってきたので終了。
またコルクを底に張って、本体に取り付けそして完了。
コルクも新しく作り直しました。
厚手の物しか売ってなくって、削って薄くしました。
結構これもしんどかった。。。
(ーー;)
a0017909_22102243.jpg

で、どうでしょ?写真で判ると思いますが、かなり水平になりました。
このほうが顎にかかりやすく、構えが楽ですね。
[PR]
by yellow-bird007 | 2009-03-01 22:10 | Violinな日々 | Comments(0)

選手交代か。。。(ーー;)

まぁ、ヴァイオリンの話なんすけど。。。

今まで練習に使ってたLiuXiのヴァイオリンを暫し封印。

鈴木の方で練習することにしました。

変更の理由はとゆーと。。。

鈴木の方が音が良く響くので、正確な音程が確認しやすい。

今までそれほど気にしていなかったんですけど、

先日駒調整してから、やけにその差が気になってしまって…、

LiuXiも響かないわけでは無いのですが、全域で同じように響いてしまって、かえって判りづらいもので。。。

それとネックの太さ。

LiuXiは以前金子ヴァイオリン工房でも指摘されたのですが、標準よりネックが太いんです。

指板も広くて。。。

私手が大きいからそこんトコは承知で使ってたんですけど、やはり細いほうがポジション押さえやすいもので。。。

またいつ気が変わって元に戻すか判りませんけど。。。

鈴木も弦高とかピッチがいい加減で、まだまだなんですが、

来週工房にフィッティング交換に行った際に、チョッと見てもらうつもりでいるんです。

だめだったら入院も。。。

σ(^◇^;)。。。
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-10-28 00:00 | Violinな日々 | Comments(0)

顎当て交換!(*^_^*)

ヴァイオリンの顎当てを交換しました。
今までのものより若干引っ掛かりが高い物です。
2枚目の写真で解るかどう…、
向かって左が新しいヤツですが、その差は2,3mm程度ですが使用感だいぶよくなりました。
(*^_^*)
顎を載せる皿の部分の面積は少し狭くなってますが、
そのほうが乗せる場所が限られるので、構えが絞られるので良いですね。
材質は真っ黒な黒檀から、木目の奇麗なローズウッドに変わりました。
でも他のフィッティングが黒檀だから、見た目は今一か!
σ(^◇^;)。。。

ホントは自分で交換しないほうで、プロに任せたほうが良いんですけど…、
今回も自分でやってしまいました。
(^_^;)
a0017909_18375614.jpg
a0017909_18381051.jpg

a0017909_18392070.jpg

[PR]
by yellow-bird007 | 2008-07-08 18:40 | Violinな日々 | Comments(0)

またまた!σ(^◇^;)。。。

また買ってしまったよ!
ヴァイオリンを…。^^;
しかもまたオークションで音も確認せずに!
買うつもり無かったけど、入札してみたら、その後、誰も入札しないから…。
でも欲しかったのは確か!
だって奇麗だったんだもん!σ(^◇^;)。。。
a0017909_21115047.jpg

今回買ったのは中国の工房「LiuXi」(リウシーと読むらしい)の作品。
手作りなんですと!
写真3枚目で解ると思いますが(右)、裏、側板のメープル(単板)の虎杢がとっても美しい!(*^o^*)
UNIVERSAL(左)の木目とは全然違うでしょ!
まるでオールドのレスポールのようだ~!^^
表板も目の詰まったスプルース単板削り出し。
全体的に暗めのニスでテカリを抑えた(消したと言った方が正しい?)仕上げオールド風仕上げ。
UNIVERSALの表板は多分プレス物だね!
こちらはギターと同じラッカーの艶消し仕上げかな?
扱いやすいんだけどね…。
高級感が違うわ!
この前行った下倉楽器に並んでた高価なヴァイオリンのようだ!
(*^_^*)
a0017909_2112269.jpg
a0017909_21121338.jpg

形は同じ4/4サイズだけど、若干形が違う!
構えたとき違和感あったから顎当てのせいかと思ったんだけど、
後でよく見てみると、下半身がLiuXiの方が若干大きい。
安産型してるんですわ。

音はというと、消音器着けてしか弾けないから正確なトコわからないけど…、
弦を指で弾いただけで音がまず違うのに驚いた!(*'o'*)
UNIVERSALが「ピンッ」とゆー音に対してLiuXiは「チャンッ」ってゆー音。
倍音がたっぷり含まれた音なんだわ!
弓で弾くと高い周波数がたっぷり感じられる、明るい感じのする音。
E線のハイポジションも消音器つけた状態でも奇麗に発音できる。
D線G線もチャンと倍音たっぷりのバイオリンの音が出てるし。
今までのは何だったのとゆー感じ。^^;
殆ど定価は変わらないに!
UNIVERSALが5万円前後、LiuXiが8万前後と思われる。
30万以下はどれも同じ様なもんだと思ってたけど…。(ーー;)
ここまで違うとは!(ーー;)

ただ音量はUNIVERSALの方が大きくてコントロールしやすい。
弓の圧を変えて弾くとそれなりに反応してくれる。
強弱つけやすいんです。
LiuXiは強く引いても思ったほど音量上がらないみたいです。
トータルの音量が小さいんですね。
弦の違いにもあるだろうけど…、
魂柱の位置調整に因るんだね、きっと!^^;

付属の弓はショボイ!^^;
ブラジリアンウッドで重量は軽くて使いやすそうなんだけど、
チョッと軽すぎかも~?
そりも弱いからヘニャヘニャして圧かけづらいし!
引っかかり感が無い!^^;
弓は暫くの間はUNIVERSALのを使うことにしましょ!^^

コイツが本当のヴァイオリンの音をしているのかどうかは今の私には正直解りませんが、これから引き込んでいってコイツがどんな音になっていくか楽しみですわ!
(*^_^*)

ところでココ3ヶ月の間にヴァイオリン三本買ってしまったんだけど、
何故か3本とも華ちゃんのライブとほぼ重なる!
1本目は日の出イオンモール
2本目は上尾
3本目が今回CCLemon。
なぜだ!?(ーー;)
華ちゃんのライブで私がバックで、ヴァイオリン弾く日がいつか来るのでは…、(ーー;)

ナイナイ!
σ(^◇^;)。。。
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-05-24 21:24 | Violinな日々 | Comments(2)