人気ブログランキング |
先日、Morris F-10用の糸巻きが届きまして、、、
Aria製のオープンバック。
a0017909_23191666.jpg
GOTHO製と同じ形状だけど何故か安い。^^
早速取り付けました。
(^◇^)
a0017909_23510938.jpg
で、いよいよ弦を張ることに。。。
ボディの膨らみはどうなるか?
ビビり音はフレットかそれともボディのプレッシングなのか、、、
その前にサドルとナットをつけにゃ~。。。
オリジナルでビビってたので、試しにYAMAHA FG-122のヤツが残っていたのでそれを装着してみます。
a0017909_22390409.jpg
ブリッジピンは先日売り飛ばしたHF-590ASに使ってたTUSQが余ってたので使用してます。
サドルは厚さだけ調節、ナットはそのまま。
a0017909_22390209.jpg
弦を巻いていくとやはりボディが膨らんでくる気配が、、、
徐々に、徐々に。。。(^.^;)
チューニングが中々安定しないのはそのせいかな?^^;
それでもまぁ気にならないレベルの膨らみかな?
YAMAHAのFG-150よりは。。。^^;
少しは修正の効果、あったみたいですね。
でも今後弦を張りっぱなしで長期間置いたらどうなるか。
( ˘ω˘ )
a0017909_23564032.jpg
a0017909_23563849.jpg
チューニングを終え弾いてみると、ビビり音はでません。
ナットもサドルも無茶苦茶高いですから。^^;
1フレットにカポ着けて半音下げチューニングで弾くしかないか。。。
(^^;
a0017909_23191943.jpg
a0017909_23192139.jpg
カポ着けて強く弾くと、少しビビり箇所もあります。
フレットの減りのせいか、音が多少詰まるところはありますが。
でもビビりがボディでなくてよかった。
怪しいいプレッシングのせいでは無くて。。。(^^♪
やはり逆ぞりしたネックのせいですな~
心配事解消!
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
で、でもトラスロッドは先日から緩めっぱなし状態ですし。。。
ネック修正が必要?
( 一一)
果たしてネック修正なんて自分で、アイロンで出来るのか、、、
仕事中もネットで色々検索。。。
ネックアイロンなんて買えないし、矯正冶具もないし作業するスペースも無い、、、etc
考えつつ泊明けで仕事から帰ってF-10を弾いてみると。。。
ん?音が、、、^^;
なんか少しいい!
との詰りが減ったような。。。
ネックをよく見てみると、逆ぞりが治っています!
(°口°;) !!
弦の張力で反りが戻ったようです!
なんだ~って感じで安堵(^。^)
んじゃ~てんで、ナットも調整して、、、
YAMAHAのは外してオリジナルのナットを。
プラで中空洞のナットですが、削る手間考えてとりあえずこいつで。。。
溝の調整だけで済みそうなので。
サドルはそもままに、まずナットから。
a0017909_23510654.jpg
大体いつもこのカード当てて調整。
少し高めですが。。。
調整後弾いてみると、なんともまぁ普通に弾けますし鳴ってくれます。
(^^♪
フレットのヘリは気になりますが。。
ビンテージだから、、、て音は判りませんが、普通に鳴ってくれてます。^^
元々定価1万円のブツですからね~。^^;
後日ナットとサドルをTUSQにで換えてみようかしら。。。
( ˘ω˘ )
ひとまず完成って感じ。^^

a0017909_23510752.jpg






にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-11-16 00:25 | Guitar
激安だけど、問題だらけのMorris F-10、何としていかないと。
調子があまりよろしくないペグは交換しなければと、新しいペグをネットで注文。
グロバーやゴトーは高いくてこの楽器には不釣り合い。
キクタニや中華で良いのだろうけど、Aria製のオープンバックがあったのでそれを注文。
中華製より高いけど、ゴトーに比べるとこれも激安。^^
まぁ、製造は中華だろうけど。。。
^^;
ARIA アリア ギター用ペグ AT-280A 両側 3対3 オープンギア
で、糸巻き届くまで弦高調整などできないので、その前にボディの膨らみを何とかしてみようかと。。。
アイロンで温めてやるヤツ。。。
YAMAHAのFG-150の時やってみたけど、今一効果なかった。
でもその時は思いっきりやれてないから、、、
ちょっと圧掛けるのに怖くて躊躇してたから。。。
でも今回は思い切ってやってみました。
割れてもいいや、、、ぐらない、、、
なんせ1900円ですから。。。
^^;

表板をアイロンで温め、体重で加減しつつ圧を掛ける。
今回怖いのでハードケースに入れてやりました。
そうすれば万が一強めの負荷がかかった時、多少ケースのクッションが効いてくれそうなので。^^;
a0017909_22390662.jpg
ボディ内側にも使い捨てカイロを入れて、、、
表板が十分温まって、ボディ裏から触っても熱が感じるようになったら、アイロンに少し力を入れて押すと、板がたわむ感じが伝わるって来た。
板が熱で柔らかくなってきた証しか?^^
数分アイロンがけのあと、すぐブリッジの膨らんだ辺りに、厚めの本をケースの蓋がきつくなるぐらいおいて閉める。
そのあとケース上に重しを。。。
a0017909_23181059.jpg
そして30分ほどしてみてみると、なんと、、、
ぺったんこになってます~。。。
(^◇^)
ほぼまっ平と思えるほど、もっこりが解消されておりました。
念のため先ほどの工程をもう一度繰り返して、一晩放置。
見事に平らに。。。^^
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
でも簡単に戻ったってことは、変形もまた簡単に戻る訳でして。。。
弦張ったらきっと戻ってしまうんだろうと。。。^^;
弦の張力って半端じゃないし。。。
( 一一)
良い子の皆さんはくれぐれも真似をしないようにネ!
(^_-)-☆


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-11-13 23:21 | 音楽
S-60にピックガードを作ってあげました。^^;
一応指弾き用として作られたギターの様ですが、やはりピックでも弾きますからね。。。
傷つくのは嫌だし。。。^^;
まずはどんな形が良いか検討いたしましたが、やはりカッタウェイはTaylorの形状がいいかな?、、、と。
手に入りやすそうだし。。。
んで早速ヤフオクで非純正品をゲット!
480円也!^^
a0017909_18224773.jpg
型を取るだけなので、似たような形状ならいいかと。。。
ピックガードシートはPICKBOYの透明のシートを購入。
a0017909_18224957.jpg
しかしこのシート、”一度貼ったら2度とはがすな””剥がしたら塗装が痛むかも”、、、みたいな但し書きが。
普通ピックガードって頻繁にはがすものではないので当然といえば当然なんだけど。。。
今回は張り替え可能なピックガードを作りたいので、ちょっと保留。
さてボディへの貼り付けはどうしようと、、、思いついたのが、スマホの液晶保護シート。
ペタンと張り付く特殊シリコン皮膜やつありますよね。
あれなら張り直しが出来るはずだし。
ギター本体の塗装に糊が残ったり、塗装がはがれることもなさそう。
タブレット用の良いだろうと10インチのiPAD用を買った。
アウトレットで安かったので3枚購入。

届くまでの時間にまた新たな構想が。。。^^;
生木で作ったらカッコいいかも。。。と浅はかな考えが。
厚さ1mm程度の都合のいい板なんてあるのだろうか?
ネットで色々調べてもなかなか見つからず、諦めかけた時に一軒見つけた。
しかもお手頃なA4サイズ。
竹製のシート。
3層ラミネートのベニヤ板です。
2層(厚さ0.6mm)でもよかったかも。。。
でも3層でもハサミでカットできます。
このシートを切り抜き、液晶保護シートに両面シールで張り付ければ良いかと思っていましたが、
この竹製の板が波打ってまして。。。
アイロンとか水で湿らせて矯正とかいろいろ手はあるでしょうが、手間かかかるので、切り抜いた段階で今のとこ保留。
a0017909_18224415.jpg
仕方ないので丁度届いたタブレットの液晶保護シートをPICKBOYの透明シートの組み合わせで良いかと、
液晶シートをカットしてみたら、、、なんと!
糊付き!しかも縁のみ!
(°口°;) !!
圧着タイプかと思いきや、、、
ならばスプレー糊ではどうなの?
ポストイットの様に何度も剥がせるスプレー糊があったはずと。。。
一応別のタブレット用液晶保護シートもネットで注文しつつ、
出かけホームセンターでたまたま見つけたのがオーク材で出来たシート。
裏はシール状になっているので使えるかと購入。
a0017909_18231471.jpg
これに使えない糊のない液晶シートを張り付け、裏にスプレー糊を吹きかけ完成!
ただ問題が。。。
オークの木地が無加工なのか艶消し加工なのか、今一本体との色合いのバランスが良くない!
スプレー糊も何度も張り直しができるのは良いが、剥がすの糊がボディに残る。
残らないように薄く吹くと、数時間ではがれてくる。。。
木地の表面は漆加工でもして艶々していた方がやはり良い。
漆を勉強するにはもっと時間が必要だし。。。
これまた却下。
a0017909_18234916.jpg
んで、新たにタブレットの保護シートが来たので、一応確認。
今度は大丈夫!^^
チャンと張り付いてくれる!
a0017909_18231691.jpg
ただ張り直し可能とは何処にも書いてないけど。。。
なんとか大丈夫そうです。。。^^;
これを透明ピックガードの裏に気泡が入らないように張り付け。
ギター本体に張り付けて完成!
透明なのでぱっと見判りませんね!^^;
光が当たらないと。。。
(^_-)-☆
a0017909_18235374.jpg
a0017909_18235151.jpg
a0017909_18231909.jpg
a0017909_18231743.jpg


by yellow-bird007 | 2017-08-30 18:30 | 音楽
a0017909_22580167.jpg
午前中にネット注文してたTusqのサドルが着いたのだ、昼飯前に作業いたしました。
削る作業を少なくしようと、今回はサイズの似通ったフェンダー用のサドルをチョイス。
a0017909_22575502.jpg
若干薄めでしたが、、、 (^^ゞ
元々のサドルも同じく薄めでキッチリにはなってなかったですけどね。
(ーー;)
a0017909_22575710.jpg
1 、2弦はオリジナルより少し高めに、バズらないようにしてみました。
(^^)b
で、取り付けてみまして、、、
a0017909_22575929.jpg
かなりの変化が感じられます。(^^♪
音の輪郭がハッキリした感じ。
倍音が少し増えて明るい音色になりました。
ピックで弾くとさらに違いが現れます。
音に広がり感が出ましたが、芯がしっかり感じられるので、ダメと思われていたストロークもいい感じなったのではないかと。。。
(^^)v
ただ相対的に低音側、特に6弦、3フレット付近の詰まり感は解消せず目立つ感じになってしまったような。。。
(ーー;)
でも以前と比べて全然良くなったことは確かです。
良い楽器だと、何かにとりつかれたように弾き続けたくなるものです。
Headwayの2本ともそうでしたが、家に来たばかりのS-60はそうではなかった。
でも今回サドルを交換してようやくその領域にたどり着いたようです。
(^◇^)
次はピックガードを作りたいと思います。
現在タブレットの液晶保護シートをTaylorのピックガードの形状に切り抜いたものを張り付けてます。
裏表逆さにカットしてしまいましたが。。。
(^^ゞ
木目が良いかな?やはり。。。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

by yellow-bird007 | 2017-08-21 23:02 | 音楽

指板染め Headway HF-590の巻

とうとうやってしまいました。
先日手に入れたHeawdwayのHF-590の指板着色を。。。
HF-590の指板、ローズウッドなのですが、ジャパンチューンのせいか白っ茶けてるんですよね~。( 一一)
ネットで調べてたら自分で染めたって記事観まして、私もやってみようと。。。
白髪染めを使った方法出てましたが、ふき取りが大変そうなのでヤメ、ホームセンターで売ってる普通のステインを使用。
指板用にはフィンガーボードステインってーのも売ってるんですが高い!
大して違わないでしょうってことで。。。
a0017909_22414824.jpg
まず指板脇をマスキング。
ポジションマークとフレットはマスキング無し。
ステインは弾きますから、半乾の段階で拭き取ればいいかと思いまして。。。
本当は指板の油落としをしなければならないのですが、生憎シンナーもシリコンオフもなかったのでそのまま塗り始めた。
案の定弾く弾く!/(゜ё゜)\ ウーン
a0017909_22415055.jpg
でも数回刷毛を動かしているの染まってくる。
一回では当然無理。
結局5回重ね塗り。
何とか真っ黒、黒檀のように。。。^^
指板もまだ滑らかだから結構ホントの黒檀のように見える。
(^^♪
ポジションマークは一回塗るたびに綿棒でクリーニング。
フレットはできるだけ刷毛が掛からないように、はみ出たところは最後に拭き取ったらきれいになりました。
ん、満足な出来。
(^_-)-☆
あとはこの黒がいつまで保つか。。。
割りばしで試したときは結構ガリガリやっても剥げてこなかったけど。。。
ローズウッドではどうか?!
塗り初めに弾いていたのも気になる。。。
さてどうなるか!
a0017909_22415092.jpg
after
a0017909_16004161.jpg
Before

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-06-04 23:13 | 音楽
a0017909_21261841.jpg
ボディの状態はまずまずだが、音が可哀想なFG-150.。。
こんな筈ではないので、ぼちぼち手を加えていこうかと。
まずは写真のように、無くしたブリッジピンの代わりに刺したピン。。。
a0017909_2131373.jpg

サイズが合わず飛び出ています。
ピックボーイの黒檀を製品を買ってみたけど、状態は同じ。
穴を広げるべくリーマーをネットで買ったが未だ届かず。
なのでピックボーイの黒檀のヤツを削ってみることに。
これまたシンドイです。。。
細くて握りにくく。。。
a0017909_2123867.jpg

一本削るのに10分ほどですが、六本削るとなると気が遠くなる思い。。。
サイズを測ってみたらオリジナルもピックボーイもFG-122のピンもカラーに径はどれも同じ5.1mm!
テーパーの形状が違うんだね。。。
早く気が付けばよかったけど、カラー周辺をだけを削れば済んだことを。。。
ご丁寧に先っぽの方まで削っていた。。。^^;
ヤスリを平らにして削ってたから、形は歪。。。
( 一一)
でも六本、何とか完成です。
a0017909_214173.jpg

気になっていたガットギターの様な音。。。
おそらくサドルのせいと思い、弦を緩めたついでにFS-325についていたプラのサドルを着けてみた!

見事な弦高!
長さも違うし。。。
(;^_^ A フキフキ

高さは未調整ですが音の感じは判る筈です。
外したさどる。
a0017909_2145168.jpg

a0017909_215642.jpg

やはり減の当たる部分がエグレていました。
トップは鋭角的に成型してあるわけでは無いので、経年で削れたとは考えられず、きっと意図的に削ったものと思われる。
弦高を下げるため?

弦高が以上に高い状態ですが弾いてみて音の変化は一目瞭然!

フォークギターの音になりました!(当たり前ですが。。。)
音の伸びが違います。。。^^
やはりブリッジで音を詰まられてたんでしょうね。。。
TUSQに換えたらもっと良くなるんだろうな~。。。
と、思いつつ、他にもてと入れたい箇所はたくさんあります。

まずボディトップの膨らみ。
改善するか、しないかは定かではありませんが、いちどアイロン修正をやってみたいと思います。
これがうまくいけばサドルの逆さ調整が楽になります。
逆にこれを何とかしないとサドルの高さを決められません。
a0017909_21124027.jpg

計ってみたらボディの膨らみ7mm程度。
弦を張った状態ですが。
7mmもあればサドルの残り代を稼げますね。。。

後はナット。
TUSQで作るつもりですが、現状のナットを試しに削ってみます。
先に書いた、”指板に弦が当たるほど溝が深い”と思っていたのは勘違いでした。
ただ溝の深さが深すぎて弦の動きを阻害しているのは確かです。
ギリギリまでナットの弦高落としてみます。
で、サドルの高さを決めていきたいと思いってます。

弦と弦の間隔も少し広げようと思います。
現状1-6弦が35.5mm。
これをヘッドウェイに近い37.Xにしたいと思います。
持ち替えた時の違和感を減らしたいので。。。

このFG-150、FG-122やFS-325と同じショートスケールなのにテンション弱く感じない。。。
何故でしょ?
スケール違うのかな?
(´・ω・`)
ネックはFG-122よりも細めですね。

あと消えかけてるヘッドの音叉マークも何とかしたいですね。
金粉を蒔絵みたいに入れなおすか、金色のペイントを入れ墨みたいに入れていくか。。。
色々考え中です。



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2016-09-21 21:27 | 音楽

ヴァイオリン、弾き語り、PC、スマホの事なんか色々書いてます。


by yellow-bird007