人気ブログランキング |

<   2018年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

塗りの準備。。。

W-18のリフィニッシュの準備。
ニスの原料”シェラック”と目止めの粉”パニス”が到着。
a0017909_22410771.jpg
後は器具を用意せねばとユニディへ。。。
洗瓶や刷毛などを買ってきた。
まだこれで全部ではないと思うけど。。。
塗装剥がし用の材料も。。。
a0017909_22412459.jpg
試しにニスを作成。
2ポンドカットで作っておけば後は薄めて使えるの2ポンドカットで。。。
24gシェラックの結晶を測り、容器に入れ100mlのアルコール注いで溶かします。
a0017909_22413036.jpg
a0017909_22413475.jpg
最初は濁った汚いだけの液体ですが、一晩ほっとくと綺麗に溶けてくれます。
振っても早く溶けますけど。^^;
a0017909_22413604.jpg


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2018-04-19 22:43 | Guitar
a0017909_22595150.jpg
リフレットの練習用に買ったMorris W-18ですが、フレット交換後ナットとサドル取り替えて弦高調整たらすっかり生まれ変わってしまって、、、
とても定価(当時)18000円のギターとは思えない弾き心地とその音は、売り払うにはちょっともったいない、、、(^^ゞ
しかもコイツ1979年の後期(?)モデルでごく短期間しか売られてない機種なのでありました。
余計手放すのは惜しくなって、、、

ただコイツの表板の様子が少し変なんですよね。
白濁してるのかな?
a0017909_23000017.jpg
スプルース自体が白っぽいので、ヤケムラのようにも見えて、どっちが本来の色なのか?
アイロン+濡れタオルで挑戦した見たけど一向に変化なし。。。
なので今度はリフィニッシュに挑戦です!
所謂塗替えね!
どうやるかはまだ未定ですがその前にビックガードを外そうかと。。。
昔、木曽スズキのギターピックガード外したことあったけど、そん時は力ずくで、、、
表板の塗装諸共剥がれたっけ。(ーー;)
若気の至りかと。。。
今回は丁寧に。。。
アイロンで温めてスクレーパー(パレットナイフが見当たらず)で端を少し浮かして。。。
後はアイロンで温めつつゆっくり剥がして行きます。
ピックガード自体はキレイ剥がれたけど、シールの粘着剤がしっかり残った!
a0017909_23030052.jpg
温めながらスクレーパーや指で擦って丸めてやったけど、指をやけど!
水ぶくれに。。。
(・・;)
a0017909_23030080.jpg
仕方ないのでホームセンターにシール剥がしを買いに行ってなんとかキレイに片付いた。
(^^♪
以前バイオリンのリフィニッシュはやったことあったけど、ニス仕上げだっとからね〜。。。
ギターはそうは行かないし。。。
さてどうなるか。
(^^ゞ
a0017909_23030240.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2018-04-15 23:04 | Guitar
まだ指板からフレットを抜いたままのF-10でありますが。
a0017909_18231648.jpg
指板整形用にとラディアスゲージ(以下Rゲージ)を購入。
a0017909_18214066.jpg
でF-10の指板のRを測ってみた。
a0017909_18184365.jpg
マーチンタイプだから16Rと思っていたらもっとアールが緩い様です。
しかもすり減ってるようで場所場所でRが違っている。
どれが本当なのか。。。
(@_@)
ま、今回はマーチンと同じ16Rで仕上げるため、ものは試しとサンディングブロックも注文。
でもケチってアマで中華製を買ったから到着まで二週間ほど、香港からの船便?
(ーー;)
到着までに指板の歪みある程度直せるかと、アルミの角材でゲージを作成。
1mモノを半分に切って、危ない角を丸めただけのものですが、、、
後々フレットのすり合わせ等にも、長めのゲージがあったほうが良いと思いまして。
私のF-10ネックは弦を張った状態だとネック起きの逆、ネック倒れ?!
12フレットよりヘッド側が逆ゾリ方向へ、微妙に折れ曲がった感じに。
弦を外すと全体的にシナッた逆ゾリに。。。
いっそ12フレットあたりの出っ張りを削って1から20フレットまで真っ平らに出来ないものかと、かなりの時間ガリガリヤスリで削ってみたか所詮無理なお話。。。
弦無しの反りの状態だと3〜5ミリ程度削らねばならず、そんなに削ったらフレットの溝どころか、ポジションマークも消えて無くなるであろう。。。
それでは困るので、真っ直ぐに整形は断念!
a0017909_18184229.jpg
でも結構削ったから傷や小さなへこみが消えて指板はピカピカスベスベ!
(^^♪
暫しアマの荷が香港から着くのを待つとしよう。
(^^ゞ
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2018-04-13 18:27 | Guitar
a0017909_18213998.jpg
いよいよF-10のフレット交換に入ります。
本日は午後から出かけるので、昼飯前にでも外すだけやってしまおうかと。。。
ところが今回はちょっとちがう!
W-18の時のように食い切りが中々食いつかず。。。
(+_+)
ハンダゴテは元より、カッターで指板とフレットの隙間をカリカリと。
a0017909_18213867.jpg
a0017909_18213859.jpg
なんとか抜けるが、かなり固い!
接着剤でも使っているか?
案の定ハンダゴテで長く温めると、隙間からブジュブジュと液体らしきモノが。。。
(゜゜)
ようやく全部抜くのに一時間ほど。。。
手のひら痛いし、指に豆!
(ToT)
a0017909_18231648.jpg



にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ

by yellow-bird007 | 2018-04-10 18:09 | Guitar
今日は先日打ち込んだフレットのすり合わせです。
と、その前に。。。
ネットで調べているうちにフレットと指板の隙間が空かないようにとある。
紙が隙間に入らないぐらい。。。
ま、まずい!(--;)
試しに手元にチラシ広告の紙が在ったのフレットと指板のあいだに、、、
ズッコシと入る箇所がある。。。
しかも結構な箇所が。。。
目視でもわかる場所もあるが、判らない場所も。。。
もう一度ハンマー打ちの作業を。
サイドから見てみると曲がって打ち込んでるフレットもある。
こうなるとかなり手ごわい。。。
相当力を入れて叩かないと!^^;
しかしギターのネックってかなり丈夫に出来てるもんだな~と変に感心したりして。。。
(~~;)
多少は妥協しつつほぼ修正完了。
次はエッジ処理。まずエッジを45度の角度に削ろうと。
そう言えば以前ダイソーでこんなものを買ってあったっけと。。。
a0017909_20162508.jpg
木材のエッジを45度に落とす器具。
黒い部分がやすり。
張り替えて使える。
替えのやすりもついてる優れもの!^^;
削れるかやってみた。
意外と削れる。
が、少しでもエッジが指板から出てると意味ない。
結局棒やすりで仕上げなければならないし、片側のみ使ってみただけ。
指板とフレットのエッジが面一の場合は有効でしょうね。
写真撮り忘れて仕上げで一本ずつ削ってる写真しか在りませんが。。。
a0017909_20165771.jpg
こんな感じで一本一本エッジに引っ掛かりがないように削っていきます。
そして次はいよいよすり合わせ。
一応ネックをロッドで真直ぐに調整。
アルミブロックに耐水ペーパー#320を張り付け、指板の端から端まで擦っていきました。
果たしてこんなやり方で良いの不安ではありますが。。。
一応フレットのトップをマジックペンで印付けて均等に削れているか確認しつつ。。。
a0017909_20164832.jpg
a0017909_20164243.jpg
てな感すり合わせ終了。
フレットの仕上げはまだですがまた後日。
その前にフレット打ち込んでるときにペグのネジが衝撃で外れた。
穴が緩くなっていたようなので、そいつを修正。
楊枝突っ込んで、穴を開け直し。
a0017909_20163678.jpg
んで、弦を試しに張ってみた。
ビビりは、、、弦高調整前の弦高高い状態なので、今のところビビりなし!^^
普通に鳴ってます。
ただフレットの仕上げがまだで、ギザギザ下箇所があるのでチョーキングやビブラートはガリガリします。。。
後で削って磨いてね。
^^
a0017909_20163149.jpg
今回の教訓はフレットを打ち込む時は最初から真直ぐに。
フレットの打ち込みに金属製のポンチは使わないように!^^;
傷がつきます。
しかも修正困難な深さの傷がつきます。( 一一)
まぁ今回は練習だからいいとして。。。
(^^;)
次回はフレットのピーク出しといよいよ最終仕上げです。
(^_-)-☆



にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2018-04-04 20:47 | Guitar

フレット打ち替えの練習

今日は暇だったのでフレット打ち換えの練習。。。
昨日届いたMorrisのW-18を使って、まず”抜き”から。
先日作った食い切りですが、、、
グリップが長いほうが良いです!
ケチってグリップ短いやつ買いましたが、意外と最初の瞳切りが力要ります。
結構手のひら痛くなりますよ。
恐る恐る最初の一食い、、、
フレットの端の方から刃を食い込ます。
隙間に刃先を押し込んで、てこの原理でフレットを押し上げる要領。
片方の端が浮いたら、もう片方の端、そして真ん中。
おおっ!抜けた!^^
フレットの溝の脇がややササクレっぽくなるがまぁ大丈夫かと。。。
かなり固いと感じた時は、ハンダゴテでフレット温めてやると、グニュって感じで指板に優しい感じで抜けます!(^_^)b
a0017909_18342635.jpg
意外とあっさり全部抜けたので、試しに一本打ち込んでみることに。。。
その前に長さをフレット毎に切りそろえられてしまっている今回のフレットの順番合わせ。
a0017909_18344227.jpg
これが結構しんどい。
ハンマーの当て木をまだ買ってなかったけど、プラハンなので良いかと打ち込んでみた。
a0017909_18363495.jpg
音が五月蝿いので躊躇するがかまわす打ち込む。
浮きはまだあるだろうが、それはまた後で修正。
結局全部打ってしまった!(^^ゞ
a0017909_18342530.jpg



by yellow-bird007 | 2018-04-01 18:38 | Guitar

ヴァイオリン、弾き語り、PC、スマホの事なんか色々書いてます。


by yellow-bird007