ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

<   2008年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

鈴木さん改造計画

新しく仲間に加わった”鈴木さん”なんですが…、
いくつか気に入らないトコあるんです。
今そこんトコ自分で直すか検討中。

一つ目はナットのピッチ。
下の写真のように弦の間隔が不均等。
特に右側E線の溝切がおかしい。
木工パテで溝埋めて、新たに溝を切り直そうかと考えてます。
a0017909_2342093.jpg

もう一つ駒。
鈴木さんに最初から付いてた駒、木目まったく無し。
しかも赤っぽい。
いかにも水っぽくて軟らかそう。
なんか蒲鉾の板で出来てるみたいな…。^^;
コレじゃ良い音は望めませんね。
コレも試しに交換に挑戦。
LiuXiの交換して残ってた駒。
コッチのほうが木目もしっかりしているので、コイツに交換してみようかと。^^;
コイツも結構軟らかかったんですけどね。^^;
下の写真のように乾燥剤と一緒に入れとけば少しは硬くなるかな?
σ(^◇^;)。。。
a0017909_235189.jpg

電子レンジ入れたらどうなるだろ?
電子レンジは分子レベルでの振動が起こる訳だから、ヴァイオリンを弾いて枯れていく感じと似ているのでは?と、思うんだけど…。
(ーー;)
やってみようかな?大丈夫かな?
σ(^◇^;)

あと指板が若干反ってるなぁ。
コレは自分では出来ないぞ。
工房で修理してもらうしかないなぁ。
(ーー;)
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-30 21:37 | Violinな日々 | Comments(0)

Violin Lesson 45

さて、何日か空いてしまったけど…、
今日もまずボーイングからの練習。
今日のテーマは弓圧と手首の硬さ。
それと移弦。
今自宅では音がうるさいからミューと着けて練習してます。
しかしミューとしてると弓圧の強さが判りにくい。
ミューと外すと妙に音がかすれてたりして。
弓圧が正しくないんですね。
手に力入れるわけでもなく、腕全体で弓に重さがかかるように練習。
ついつい指で弓を押さえつけないように。
あと手首の硬さ、柔軟性ですね。
弓を持つ手首の形は大分固まってきた。
手の力を抜いて手首を脱力して、指弓使っても弓の角度がフニャフニャしないように練習。
移弦の時も指の形が崩れないように。

そのあとポジション移動に挑戦。
1stポジションから3rdポジションへ。
まずD線で、
レ(st開放)ミ(1st-1指)ファ(1st-2指)ソ(3rd-1指)って具合に。
それができたら今度は、
レ(st開放)ミ(1st-1指)ファ(1st-2指)ラ(3rd-2指)って具合に。
なんとかココまではできそう。
左掌の小指側がボディに当たる感じでスライドさせればいいんですよ。
早く下から上まで音階駆け上がれるようになりたいです。
σ(^◇^;)。。。
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-30 20:55 | Violinな日々 | Comments(0)

新しいお友達”鈴木さん”^^

a0017909_22453927.jpg

ヴァイオリンのことですけど…。^^;
生ヴァイオリン第三弾!
今度はやっと国産です。
ヤフオクの写真で見た時はもっと黄色っぽかったんですけどね。
ナチュラルに近い感じで良いかなと思ったんですけど。
届いて見たら最近の低価格の鈴木と同じ、オレンジ色っぽいニス。
1961年製なので作られて47年経つわけですが、状態は非常に良いですね。
でも良く見るとニスに極少量クラックが入りかけている。
まあニスのクラックなんて気にはしませんから。
ところでこの仕上げはニスなのだろうか?
ギターと同じラッカーの様でもあるが…。
(ーー;)

バーフリングもちゃんと入ってる。
書いたヤツでは無さそう。^^

音はどうなんでしょ?
はっきり言って良く判りません。
^^;
弦がスチール張ってあるもんですから、ちょっと比較できないんですけどね。
音の鳴りは良いです。
LiuXiより全然良いです。
チャンと音が前に出てくる感じ。
こもった感じがしません。
低音はLiuXiより細い気がしますけど。
全体的に音は固め。
倍音成分もLiuXiよりは少ないですが、UNIVERSALよりは多いかな。
音に関しては可もなく不可もなくとゆー感じです。
でも今度金子工房に持ってって見てもらおう!

問題は弾き易さなんです。
弦高が若干高い。
駒が1mm程度高いみたいです。
指板のそりも結構きついようですし。
ネックがそってるわけではない様ですけど。

ソレと弦のピッチ、特に上駒のピッチがおかしい。
上駒の刻みの間隔が微妙に不均等。
そのせいでE線とA線が接近しているのです。
上駒、下駒共に調整が必要です。
下駒は材質も安物。
木目がまったく無いと行っていいほどの物。
コレでは良い音は期待できないですね。

糸巻も動きが渋くチューニングしづらい。
A線だけソープ着けて調整しては見たけど変わり映えしない。
かなり磨り減ってるみたいです。

指板の材質はいったい何なんでしょう?
黒檀なんだろか?
やけに光ってるけど…。
他の材質だったらとっくに剥げて下地が出てくる年代なんだけど…、
弾いてないわけでも無い。
指板結構でこぼこしてるし。

テールピースはアルミ製かなこれは。
まったく木目らしきものが見えないし。

テールピースを含めフィッティングは今度全部交換かな?^^;
顎当てだけはLiuXiのお古黒檀のに付け替えました。

一緒に付いてきた弓は「杉藤」製。
品番も何も書いて無い(弓は大概書いて無い)から材質とか判りませんけど、角弓です。
角弓は現在の杉藤ではM3とM4しかありません。
後はM5以上の特注。
M3で10万以上します。
もしかするともしかして…、この弓はめっけもんか?(*^_^*)
金具とか結構くすんでたんで、金属磨きで磨いて見ました。
だいぶ奇麗になりましたよ。
あと棹部分もクリーナーで磨いてピカピカ!^^
アルシェより若干重くて重心位置も先の方なんで弾き難いはずなんですが、何故かシックリ来る。
毛が良いのかな?

ケースは下倉製の古いヤツ。
今時こんなケースは珍しい。
貴重かもね。
だから捨てずにとっておきま~す。
σ(^◇^;)。。。
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-27 22:02 | Violinな日々 | Comments(0)

欲望と理性の狭間で・・・。

ベルベットのシーツに横たわる中年の貴婦人、その美しい肢体を目の当たりにした私は固唾をのんだ。
なんて美しい肌なんだ。

とても私と同じ年齢には見えないその肌は、薄暗い照明の下でも、黄金色の艶やか輝きを放ち、私を魅了する。

肩からその丸みを帯びた臀部まで流れる美しい曲線、そして括れた腰。
興奮で微かに震える私の指先を、あとほんの少し伸ばせば届きそうな距離にある。

ああ•••触れてみたい、そして抱きたい。

今すぐその細い肩だきしめ、その透き通る肌に頬擦りしたい。

高鳴る興奮と胸の鼓動を鎮めようと、私は煙草に火を着ける。

一瞬彼女のその見事な肢体が、オレンジ色に輝く。

駄目だ。抑えられない。

彼女の甘美に満ちた官能の声を聞いてみたい。

妖艶なその美し肌に触れてみたい。

抑えきれない衝動に、私は震える指を恐る恐る僅かずつではあるが、伸ばしていった。

ふとドアの外が気になりその動きを止める。

よしよし。誰も入ってきそうな気配はない。

安堵の中わたしの指先は再び彼女を目指す。

彼女の一番大切な箇所、と言えば判るであろうそのボタンに向け私の指は…。

いつもは聴こえない時計の秒針の音がやけに大きく聴こえる。

私の胸の鼓動はその針の音をいとも容易く追い抜いていく。

時計の針の音と私の鼓動、そして固唾を呑みこむ3つの音が見事に重なったその時…。

私の指先はようやく念願のそのボタンに触れ、間髪入れずに人差し指を丸めその爪でクリ… …







































ックしたら~







おめでとうございます!この商品をあなたが落札いたしました!
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:


いや~、オークションの入札は緊張するわ!
σ(^◇^;)。。。


とゆー訳ででして…。
懲りずにまたヴァイオリンを買ってしまいましたわ!
ヤフオクで。
(o・v・o)
今度は国産のSUZUKI製です。
私の生まれた年と同じ1961年製。
なんか惹かれたんですよね~。
1961年製ってーのに。

落札価格18000円で買いましたが、当時の販売価格3200円ですと!Σ(ノ°▽°)ノハウッ!
でも当時の公務員の初任給10400円だったらしいですから、今にすれば20倍か?
まぁ5~6万円の品物なんでしょうね。
おまけについてた「杉藤」の弓。
角弓なんですけど、杉藤の角弓って今十万円以上のものしか無いんですよね。
でも、まさかね~。
(ーー;)
a0017909_22422770.jpg

[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-26 16:01 | Violinな日々 | Comments(0)

Violin Lesson 44

今日はボーイングの練習から。
ミュートをして弓と弦の接点が見えないせいか、
E線とA線の動くが怪しいので。
鏡を見ながらひたすら弓の上げ下げ。
併せて弓の持ち方腕の動かし方も試行錯誤しながら。

と、弾いてるうち気がついたことが。
移弦の際に余計な弦に弓が触れてしまう。
ゆっくり弾いて見るが、ゆっくりでも余計な弦の音が出てしまったりする。
どうも移弦の際の肘の位置移動が確り出来てない。
かなりあいまいにふにゃふにゃ移動してるんです。
そういえば肘の位置を意識しても練習ってあまりやってなかった。
肘が引けないようには意識はしていたけど…。
これが出来てなきゃ早い曲なんて無理かもね。^^;

なので今度は肘の位置を弦ごとにキッチリ決めて弾く練習。
あと手首の形がその場その場であいまいに形を作っていたので、
これもなんとかしたい。
弦ごとに手首の形が変わらないように弾く練習。
指弓を使った場合と使わない場合の両方を練習しなければならん。

ヴァイオリンの移弦は肘で行うようにとどっかのサイトに書いてあったっけ。
プロが弾く映像のように肘がクックッと決まるようにしなければ。
下げ弓->上げ弓 上げ弓->下げ弓 上げ弓->上げ弓 下げ弓->下げ弓
こんな風に練習してみた。
最初は移弦の時に一度弓を止め肘の高さを確認しつつ、停止時間を徐々に短くし滑らかに移弦出来るようにする。
でもしばらく練習したが、何となく感じが解ってきた程度。
次練習する時、この感じが少しでも残っていてくれればいいのだけど…。
(ーー;)
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-23 21:24 | Violinな日々 | Comments(0)

う~ん、すばらっしい!(ーー;)

今練習してるヴァイオリンのビブラートの参考のため、
You Tubeの動画見ておりました。
まずは五嶋みどり様!^^
曲はチャイコフスキー。
まぁ、空いた口が塞がらないとここのことか?
スンバらしいテクニックだこと!
しかも情熱的なその音に魅了されましたわ!
彼女の愛器グァルネリ・デス・ヂェスの「エクス・フーベルマン」も、
メリハリのある情熱的なサウンド奏でております。
明らかにストラドと違う力強い音。
いいな~。(*^_^*)


彼女の演奏スタイル、かなり力入ってるように見えるけど、
これほどの人だからもう何でもOKなんでしょうね。^^;
力入れるも力抜くも自由自在ってコトなんでしょう。

それともう一本。
今度は神尾真由子さん。
先ほどの五嶋みどりさんと同じ曲なんですけど、
全然感じが違うでしょ。
神尾さんも当然一流どころなんですよ!^^;
でも五嶋さんの演奏と比べると、基本忠実型に見えますね。
おとなしい感じ。
フレーズも滑らかだけどメリハリ感が弱い感じがします。
音色は繊細な奇麗な音なんですけど…。
σ(^◇^;)。。。


なんか両方とも見入ってしまって、感じの指の具合を見そびれてしまうわ!
もう一回見よ!
(=^・^=)
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-20 17:45 | Violinな日々 | Comments(0)

Violin Lesson 43

今日もビブラートを重点的に練習。
指の屈伸を大きく、圧力を均一になるよう意識しながら、
ゆっくりなテンポから段々早くしていく練習。
気がつくと左手が外側に曲がってしまうんで、そこんトコも鏡見ながら注意して!
σ(^◇^;)。。。
すぐに結果が出るものではないけど、前回より振幅が大きく出来るようになってきた…気がするだけか?
振幅速度はまだそれほど早くは出来ないけど…。
だいぶ本物に近くなってきたか?
^^;
ビブラートって結構左手の形が重要なんですね。
だから左手の形で悩んでる人って早めにビブラートの練習したほうが良いような気がするけど…。
正しい指の形、位置で無いとビブラートの練習になりません。
だから自然と正解の姿勢が決まってくるのではいかな~?
(ーー;)

ソレと今日気がついたんですが、左手の人差し指の付け根、ネックに着いてても全然問題ないですね。
ただ親指と人差し指でネックを握ってしまっていてはダメですね。
力を入れずそっと触れてるぐらい、ポジションの位置を定めるため触れてる程度なら、問題なく左手振れます。
(*^_^*)

ここんトコご無沙汰のカイザーなんですが、実はたまに一日一回ぐらいは弾いているんですわ。(No.1四小節だけですけど^^;)
両手が少し安定してきたせいか、今日は音程も音もかなり昔より良く弾けるようになってたわ!
今度はもうちょい小節数伸ばそうかな?
σ(^◇^;)。。。
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-18 17:52 | Violinな日々 | Comments(0)

Violin Lesson 42

今日は昼過ぎから夕方ぐらいまで。
前回同様ビブラートの練習。
指板上での指の屈伸運動から入って一通り…。
前回練習二日目は結構いい感じで出来つつあったけど、
耳が肥えたのか、仕事で日にちが空いたせいか、はたまた仕事明けでやる気が無いせいか、なかなか指が動いてくれないわ。
(´~`)
巻き弦は引っ掛かりがあるから、割と振幅大きく取れるけど、A,E線になると細くてすべるせいか、なかなか思い通りの振幅が取れん!
(ーー;)
ゆっくり大きく指を動かす練習がもっともっと必要です。
ビブラートの練習しつつ、合間合間で指弓も練習しております。
指弓での移弦も、練習だけでならもう出来るわ。
曲中で使うのはまだ無理でしょうけど。
ともかく前にも後ろにも動くようになりました。
σ(^◇^;)。。。
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-15 21:35 | Violinな日々 | Comments(0)

Violin Lesson 41

今日は午前中からの練習なんで早めに打ち切り。
^^;
ビブラート中心に練習しました。
まずは左手だけで一本ずつ指を指板上で滑らせる訓練。
間接を軟らかく慣れさすためなのかな?
1stポジションでの練習です。
以前から続けていた訓練でございますが、ここのとこご無沙汰でしたわ。^^;
小指以外は難しくない。
ただこの訓練の時でも左手の掌のフォームは弾く時と同じようにしなければならない。
だからこんな練習でも鏡を見ながら。
小指がカクカクするけど、かまわず続ける。
小指の付け根が指板より下がってるとやり難いです。
手の甲が内側に曲がらないようにやります。

お次は右手も使って、弾きながら。
指板上の指はポジション上で今度は滑らせずに、親指を軸に手の甲を後ろに引く感じで、指を伸ばしそして曲げる。
曲げて戻った時に音程はずれてはいけません。
テンポ60/四分で付点八分->16分の譜割で弾いて行きます。
私の場合中指と人差し指はクニャっと逆反る感じで伸びますが、薬指がその感じが薄い。
薬指は要練習!^^;
もちろん小指も。
慣れたらテンポを上げて行きます。
120くらいまで弾けるようになれば良いみたい。
とは言っても飽きっぽい性格なもんで、メトロノームに合わせたのは70まで。
あとはメトロノームなしでDVDで映画見ながら。
しかも2本も。
σ(^◇^;)。。。

実際のビブラートの速さは120なんてもんじゃ足りないくらいだけど、地道な練習が必要なんですね。

で、今日判った事。
指の各付け根は指板とほぼ平行にし指は立てる。
付け根が上がれば自然と指は立ちます。
絃を押える指はある程度力を入れる必要あり。
でないと弦上で指が動いてしまう。
ただ力の入れすぎは禁物。
適度な圧力で。
巻き弦での練習がわかり易いかも。
指の屈伸は伸ばす時より曲げて戻す時の方に意識したほうが、
実際の速度でかけた時、綺麗にかかる様な気がします。
以上のこと意識しながらやると結構ソレっぽく聴こえるようになりました。
小指以外はですけど…。^^;
小指もかからなくは無い。
持続が難しいです。
6時間以上(サボリつつですが)練習したから小指のカクカクも減少!
o(^-^o) (o^-^)o♪
ただまだ振幅が浅い。
指の関節の訓練がまだまだ必要ですね。
(ーー;)

と、ここまで結構実りの多い一日と喜んではいたのですが…、
ショックな出来事が。
表板に傷つけてしまった~!
ニスが剥げてるし、板も若干削れてしまった感じ!
<_<)o>>
a0017909_20255580.jpg

ミュートがすっ飛んでしまったんですわ~!
G線を強く引くとミュートが振動で浮いてしまう。
そのことに気づかずにヴァイオリンを置こうとした時に、ミュートが落下。
うぅ~、悔し~ぃ、ショックだわ~!
o(><;)(;><)o
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-12 18:23 | Violinな日々 | Comments(0)

Violin Lesson 40

腰痛もほぼ回復しつつあるので、今日は練習出来ましたわ。
月曜は痛くて立って弾けないから座って少し弾いただけ。^^;
今日は大丈夫!(*^_^*)

で、でも…、
大した事はやりません。^^;
いつものようにスケール練習とボーイング。
いつになったら曲練習するのか?!
練習曲なら何曲かは弾けるんですが…、
いや~曲弾くとナンカ挫折感味わいそうで…、
まだ譜面見ながらメロディ弾くと音がボロボロ。
だからもっとしっかり体が出来上がってからと思って折るんですが…。
σ(^◇^;)。。。

今日はチョコッとビブラートを本気で練習。
今でも少しはかかるけど、かかりが浅い。
指の曲げ伸ばしが少ないんですね。
だからもっと大きく曲げ伸ばしが出来るように。
小指は相変わらず難しい。^^;
小指はまだ当分まともにはかけられそうに無いわね。
σ(^◇^;)。。。

それとポジション移動もほんの少しやってみた。
まだスケールもろくに憶えてないのでお試し程度で、
全然音程定まらないけど…。
(^_^;)
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-09-11 23:36 | Violinな日々 | Comments(1)