人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽( 96 )

激安だけど、問題だらけのMorris F-10、何としていかないと。
調子があまりよろしくないペグは交換しなければと、新しいペグをネットで注文。
グロバーやゴトーは高いくてこの楽器には不釣り合い。
キクタニや中華で良いのだろうけど、Aria製のオープンバックがあったのでそれを注文。
中華製より高いけど、ゴトーに比べるとこれも激安。^^
まぁ、製造は中華だろうけど。。。
^^;
ARIA アリア ギター用ペグ AT-280A 両側 3対3 オープンギア
で、糸巻き届くまで弦高調整などできないので、その前にボディの膨らみを何とかしてみようかと。。。
アイロンで温めてやるヤツ。。。
YAMAHAのFG-150の時やってみたけど、今一効果なかった。
でもその時は思いっきりやれてないから、、、
ちょっと圧掛けるのに怖くて躊躇してたから。。。
でも今回は思い切ってやってみました。
割れてもいいや、、、ぐらない、、、
なんせ1900円ですから。。。
^^;

表板をアイロンで温め、体重で加減しつつ圧を掛ける。
今回怖いのでハードケースに入れてやりました。
そうすれば万が一強めの負荷がかかった時、多少ケースのクッションが効いてくれそうなので。^^;
a0017909_22390662.jpg
ボディ内側にも使い捨てカイロを入れて、、、
表板が十分温まって、ボディ裏から触っても熱が感じるようになったら、アイロンに少し力を入れて押すと、板がたわむ感じが伝わるって来た。
板が熱で柔らかくなってきた証しか?^^
数分アイロンがけのあと、すぐブリッジの膨らんだ辺りに、厚めの本をケースの蓋がきつくなるぐらいおいて閉める。
そのあとケース上に重しを。。。
a0017909_23181059.jpg
そして30分ほどしてみてみると、なんと、、、
ぺったんこになってます~。。。
(^◇^)
ほぼまっ平と思えるほど、もっこりが解消されておりました。
念のため先ほどの工程をもう一度繰り返して、一晩放置。
見事に平らに。。。^^
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
でも簡単に戻ったってことは、変形もまた簡単に戻る訳でして。。。
弦張ったらきっと戻ってしまうんだろうと。。。^^;
弦の張力って半端じゃないし。。。
( 一一)
良い子の皆さんはくれぐれも真似をしないようにネ!
(^_-)-☆


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-11-13 23:21 | 音楽
1900円で手に入れたMorris F-10、状態はどうでしょう?
細部を観察してみました。
まず糸巻き。
オープンタイプのおそらくオリジナルなんでしょうけど、ペグボタンのメッキが浮いて剥がれているところを銀色の塗料で補修したのか、指ざわりがよくありません。
動きも渋いので、 このまま使えそうですがいずれ交換します。
a0017909_22365132.jpg
a0017909_22364961.jpg

ヘッドは 打ち傷は 見られますが 比較的綺麗な方ですね。
トラスロッドカバーは 新品みたいに綺麗です。
ただ止めているビスは錆びて頭朽ちかけているので 交換したいと思います。
ボディ表板は 良い具合に日焼けしており ますが 長年弾き込まれて来たせいか、ボディの縁など塗装がスレにより薄くなってきております。
板の剥がれや割れはありません。
しかしブリッジのケツが少し浮いているような。。。(^^ゞ
ボディ表板のブリッジ周辺の膨らみも結構すごいです。
膨らみ直せばブリッジの隙間もなくなるかも。。。(・・;
ネックの状態は 珍しく逆反り状態です。
フレットの減りもかなり進んでいますね。
フレットの減りと逆反りのせいで 2弦がビビります。
これは何とかしないとなー。。。
自分で治せるかどうか。
(ーー;)
取りあえず糸巻きも外すので、弦も外します。。。が、ボールエンドがブリッジの穴から抜けません。
仕方ないので弦をカットしてサウンドホールから抜き取りました。
試しに上からボールエンド差し込んでみても入りません。
穴が小さい?なぜ?、、、
このままではいかんので、リーマーで広げてみましたが、なんかブリッジとボディの穴が微妙にズレているような。。。
張り直したのかもしれない。
(ーー;)
また、サウンドホールの中を覗いてみるとまたびっくり。
Xプレッシングの一本に、石膏だか、木工パテだが判らない白い塗がある。
a0017909_22371558.jpg
a0017909_22371400.jpg

力木の割れを補修でもしたのか?
2弦のビビリは力木のせいではないか?
色々不安材料が考えられる、結構ヤバイ個体であることは確か。
果たして何処まで自分で調整できるか、これからのお楽しみ。。。
(^^ゞ
a0017909_22390060.jpg






にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-11-10 20:39 | 音楽

F-10買った!^^/

ぶらっと近所のリサイクルショップを覗いてみたら、予てより欲しかったモーリスのF-10が1900円で売ってたので買ってしまった。
一応買う前に状態をチェックしたんだけど、、、
家に帰って弾いてみたら2弦がビビる。
ネックをよく見てみると逆ぞりしてるわ!
( 一一)
糸巻きもぱっと見綺麗でしたが、よく見てみるとメッキがはがれて感触が気持ち悪い。。。
要リペアですね。。。
( ˘ω˘ ;)
a0017909_22364795.jpg
a0017909_22364961.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-11-05 22:49 | 音楽
今日はちょっと弦のお話を。。。
以前Facebookで紹介されて興味持ち、お茶の水クロサワ楽器で購入したものの、
張り替えずに温存しておいた弦、その名も
MARTIN ”RETRO”
a0017909_17133838.jpg
普段使っているマーチンの弦のは”SP”や”MARQUIS”。
赤っぽいのと金色っぽい違いはありますが、ともにブロンズ弦です。
今回のこの”RETRO”は”銀色”なのであります。
銀色ってなんか懐かしいような。。。
昔ギターが家にあって触りだしたころ、弦は何処に買いに行っていたっけ。。。
そこはレコード屋さんなんですね~。。。
レコード屋って呼び方自体古いですけど。。。
^^;
昔は町のレコード屋でギターって売ってましたよね。
天井からぶら下げて。。。^^
だから弦もレコード屋で売ってたんですよね。
そんなレコード屋売ってる弦ってYAMAHAとかMorrisなんかじゃなく、
”ナイト”って弦。
YAMAHAとかもあったんだろうけど、なんせYAMAHAのFGが出たか出ないかの時代ですから。。。^^;
確か青や茶色のパッケージがあって、パッケージにはフクロウの絵が描いてあったような。。。
( ˘ω˘ )
私が買ってきてた訳ではなく、姉貴や兄貴が買ってきてたのを見てたんですけど、その弦の色がブロンズではなく銀色でした。
だからしばらくはギターの弦=銀色と思い込んでましたね。
だから初めてブロンズ弦のギターを見たとき、この弦は”錆びてる”んだと思ってましたから。。。^^;

さて昔の話はさて置き、、、
この”RETRO”の巻弦、ニッケルと銅の合金で出来ており、ニッケルの比率の方が多いのでしょうか、そのせいで銀色なのかな。。。
そういえばEpiphoneのEL-00も買った時シルバーの弦だったっけ。
あれは何処の弦だったんだろ?
付録の弦はブロンズだったし。。。
ギブソンも昔、アコギ弦にシルバーあったなー。。。と
a0017909_17134065.jpg
FBのコメントでは結構明るい音書いてありましたが、RETROなのに今風な明るい音でもないだろうにと思って、張り替え躊躇しておりましたが、今日、暇だったもんで。。。
張り替えを決行!
(^◇^)/
購入時2種類買いました。
通常のLIGHTゲージとMIDIUM/LIGHTってヤツを。
LIGHTはYAMAHAかHF-590用、MIDIUM/LIGHT(以下M/L)はHD-112用にと。
Headway HD-112は常用弦はMIDIUMゲージなんですね。
ノンスキャロップの表板の成せる業、、、弦を緩めず、十年以上貼りっぱなしでもブリッジ周りの膨らみは皆無!^^
鳴りは悪いが”丈夫”と来ている。
(^_-)-☆
LIGHTゲージだと、HD-112の怪しい六弦ピッチもMIDIUMだと、その弦の太さ故か安定するのですよ。
フレットを押さえた時のたわみが少ないから。
しかしMIDIUMだとテンションきつくなるので、M/Lなら低音側がMIDIUM、1,2弦がLIGHTの太さと思って買ったのですが、これが勘違い!
私買ったM/LはArtist Choiceと言うシリーズらしく、ただのMIDIUMでは無い!
Laurence Juberって人のチョイスだそうな。。。
そいで6、2、1弦はMIDIUM、5、4、3弦がLIGHTって感じの”変な”セットになってるんよ。/(゜ё゜)\ ウーン
1,2弦のチョーキングは結構辛いかもね。。。^^;
a0017909_17134167.jpg
で、張り替えた印象ですが、低音が鳴るようになった、、、というか低音が重くなった。。。
こーゆー表現難しいのですが、音量的に低音がデカくなったのではなく、低音に厚みが出たと言うか。。。
SPやMARQUISのような倍音キラキラ感少なくなってる感じ。
人に言わせるとニッケル弦はマグネットPU用で音自体芯が無い・・・云々言う人もいるようですが、意外や意外、芯はあるし、キラキラしてないせいかメリハリ感もある。
張り替え直後のギラギラした感じが少ない。
結構新鮮な感じで私は好きですね。
(^^♪
持ちはどうなのかな?
暫く使ってみないとわかりませんね。
( ˘ω˘ )
巻弦の滑りもSPと比べて微妙な違いですが滑らかなような気がします。
(°口°;) !!
変わり種を試したい方にお勧めかも。。。^^;
ただ残念なことに売ってるところが少ないです。
お茶の水でもざっと見て歩いて、マーチンの総本山、クロサワ楽器でやっと見つけったって具合ですから。。。
まぁネットで買えばいいんでしょうけど、、、^^;
しかもMAQUISのようにHardoffで安く売ってませんし。。。
( ;∀;)




にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-09-05 17:25 | 音楽
S-60にピックガードを作ってあげました。^^;
一応指弾き用として作られたギターの様ですが、やはりピックでも弾きますからね。。。
傷つくのは嫌だし。。。^^;
まずはどんな形が良いか検討いたしましたが、やはりカッタウェイはTaylorの形状がいいかな?、、、と。
手に入りやすそうだし。。。
んで早速ヤフオクで非純正品をゲット!
480円也!^^
a0017909_18224773.jpg
型を取るだけなので、似たような形状ならいいかと。。。
ピックガードシートはPICKBOYの透明のシートを購入。
a0017909_18224957.jpg
しかしこのシート、”一度貼ったら2度とはがすな””剥がしたら塗装が痛むかも”、、、みたいな但し書きが。
普通ピックガードって頻繁にはがすものではないので当然といえば当然なんだけど。。。
今回は張り替え可能なピックガードを作りたいので、ちょっと保留。
さてボディへの貼り付けはどうしようと、、、思いついたのが、スマホの液晶保護シート。
ペタンと張り付く特殊シリコン皮膜やつありますよね。
あれなら張り直しが出来るはずだし。
ギター本体の塗装に糊が残ったり、塗装がはがれることもなさそう。
タブレット用の良いだろうと10インチのiPAD用を買った。
アウトレットで安かったので3枚購入。

届くまでの時間にまた新たな構想が。。。^^;
生木で作ったらカッコいいかも。。。と浅はかな考えが。
厚さ1mm程度の都合のいい板なんてあるのだろうか?
ネットで色々調べてもなかなか見つからず、諦めかけた時に一軒見つけた。
しかもお手頃なA4サイズ。
竹製のシート。
3層ラミネートのベニヤ板です。
2層(厚さ0.6mm)でもよかったかも。。。
でも3層でもハサミでカットできます。
このシートを切り抜き、液晶保護シートに両面シールで張り付ければ良いかと思っていましたが、
この竹製の板が波打ってまして。。。
アイロンとか水で湿らせて矯正とかいろいろ手はあるでしょうが、手間かかかるので、切り抜いた段階で今のとこ保留。
a0017909_18224415.jpg
仕方ないので丁度届いたタブレットの液晶保護シートをPICKBOYの透明シートの組み合わせで良いかと、
液晶シートをカットしてみたら、、、なんと!
糊付き!しかも縁のみ!
(°口°;) !!
圧着タイプかと思いきや、、、
ならばスプレー糊ではどうなの?
ポストイットの様に何度も剥がせるスプレー糊があったはずと。。。
一応別のタブレット用液晶保護シートもネットで注文しつつ、
出かけホームセンターでたまたま見つけたのがオーク材で出来たシート。
裏はシール状になっているので使えるかと購入。
a0017909_18231471.jpg
これに使えない糊のない液晶シートを張り付け、裏にスプレー糊を吹きかけ完成!
ただ問題が。。。
オークの木地が無加工なのか艶消し加工なのか、今一本体との色合いのバランスが良くない!
スプレー糊も何度も張り直しができるのは良いが、剥がすの糊がボディに残る。
残らないように薄く吹くと、数時間ではがれてくる。。。
木地の表面は漆加工でもして艶々していた方がやはり良い。
漆を勉強するにはもっと時間が必要だし。。。
これまた却下。
a0017909_18234916.jpg
んで、新たにタブレットの保護シートが来たので、一応確認。
今度は大丈夫!^^
チャンと張り付いてくれる!
a0017909_18231691.jpg
ただ張り直し可能とは何処にも書いてないけど。。。
なんとか大丈夫そうです。。。^^;
これを透明ピックガードの裏に気泡が入らないように張り付け。
ギター本体に張り付けて完成!
透明なのでぱっと見判りませんね!^^;
光が当たらないと。。。
(^_-)-☆
a0017909_18235374.jpg
a0017909_18235151.jpg
a0017909_18231909.jpg
a0017909_18231743.jpg


by yellow-bird007 | 2017-08-30 18:30 | 音楽
a0017909_22580167.jpg
午前中にネット注文してたTusqのサドルが着いたのだ、昼飯前に作業いたしました。
削る作業を少なくしようと、今回はサイズの似通ったフェンダー用のサドルをチョイス。
a0017909_22575502.jpg
若干薄めでしたが、、、 (^^ゞ
元々のサドルも同じく薄めでキッチリにはなってなかったですけどね。
(ーー;)
a0017909_22575710.jpg
1 、2弦はオリジナルより少し高めに、バズらないようにしてみました。
(^^)b
で、取り付けてみまして、、、
a0017909_22575929.jpg
かなりの変化が感じられます。(^^♪
音の輪郭がハッキリした感じ。
倍音が少し増えて明るい音色になりました。
ピックで弾くとさらに違いが現れます。
音に広がり感が出ましたが、芯がしっかり感じられるので、ダメと思われていたストロークもいい感じなったのではないかと。。。
(^^)v
ただ相対的に低音側、特に6弦、3フレット付近の詰まり感は解消せず目立つ感じになってしまったような。。。
(ーー;)
でも以前と比べて全然良くなったことは確かです。
良い楽器だと、何かにとりつかれたように弾き続けたくなるものです。
Headwayの2本ともそうでしたが、家に来たばかりのS-60はそうではなかった。
でも今回サドルを交換してようやくその領域にたどり着いたようです。
(^◇^)
次はピックガードを作りたいと思います。
現在タブレットの液晶保護シートをTaylorのピックガードの形状に切り抜いたものを張り付けてます。
裏表逆さにカットしてしまいましたが。。。
(^^ゞ
木目が良いかな?やはり。。。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

by yellow-bird007 | 2017-08-21 23:02 | 音楽
一週間の連休も今日で終わりです。
”都内”をブラブラした日もありましたが、
旅行とか出かける予定もなくだらだらと一週間、体を休めるだけの日々。。。^^;
なんともつまらないお盆休みだったのかと。。。
後悔。
(--;)
で、昨日はスタジオで一人練習。
新たに加わったMORRISのS-60を持っていきました。
さてどんなものかと。。。
a0017909_23423931.jpg
やはりストロークは似合いませんかね~。
悪くはないが曲調を選ばないといけませんね。
オールマイティに使える音ではありません。
HeadwayのHS-590と比べ、定価で4万の差はデカいな。
音質もボディの鳴りもワンランク、ツーランク落ちますね。
ただ甘い低音弦の音色はガットの代わりにアルペジオで使うのが良いですけどね。
ただガットギターソロのイメージで弾くとちょっと違う。
音は飽くまでも”アコギのソロ”って音です。
押尾コータローみたいなスラップの多用した曲調用ですね。
1、2弦をフォルテで弾くとペチペチとつぶれた音になります。
ピーンとした音ではなく、
ベチッとした音ね。
弦高が低いせいでしょうね、きっと。
ネック幅も44㎜、微妙に広くて弾き難い。
微妙な差ですが、アルペジオで右手にも影響がでます。
スケールも450㎜あってヤマハのFGと比べると20㎜も長い訳でして。。。
ちょっと考えちゃいますね。
別にソロギタリストになる訳でもないし。。。
要らないって言えば要らないは~、、、なんて。
a0017909_22223319.jpg
で、練習ですが、4曲ほど、、、
”ヨゾラノムコウ”、”サヨナラCOLOR”、”糸”、”3月9日”をメインに。
曲の練習というより、根本的な発声、歌い方の勉強がやりたかったんですが、、、
ちと風邪気味の様で声が喉がかすれてる。。。
a0017909_22223621.jpg
前回から挑戦してる”サヨナラCOLOR”。
原曲はラジオで聞いたのみ、正規のメロラインが判りません。
YOUTUBEでLIVE演奏は見たのですが崩した歌い方、それを真似ようとしたもんだから難しいったら。。。^^;
スタジオの中でスマホで確認しつつ練習してみましたが、結局同じようには歌えず。
動画のLIVE演奏は”跳ねない”アルペジオ、でも唄は微妙に跳ね気味。
オリジナルは演奏も跳ねた弾き方だったような。
そーえば糸も聴いたことない、まだ。^^;
中島みゆきの原曲は、ラジオで聞いたのみ。
”3月9日”はバンドで練習しようとしてた曲。
唄の練習がてら今回奏ってみました。
4曲とも弾きこみ&歌いこみ不足なので発声云々の勉強どころではなくなってしまった。。。^^;
後々の勉強のため一応動画も録ってみましたので、もの好きな方はご覧ください。







by yellow-bird007 | 2017-08-17 23:04 | 音楽
a0017909_23423931.jpg
またまた新しいお仲間が増えてしまいました。。。
MorrisのS-60。
初めてのモーリスのギター、、、そして初めてのカッタウェイ!^^
以前から渋めのルシアー的なシングルカットの手ごろな値段のアコギを探しておりました。
初めはTaylorに目星着けて、312とか買えそうな値段の奴を試奏してみましたが、今一値段の割にナンだな~、、、って感じで踏み切れず。。。
かと言って本物ルシアーだとどれもお値段バカ高いし。。。
プロでもないのにそれほどのものは絶対必要ないしそこまでこだわれない。
結局バーゲンで安価なHeadwayのHF-590ASを買ってしまったわけですが、、、
この590AS、音も弾きやすさも素晴らしい、今まで使ってたHD-112の音が霞んでしまうぐらい素晴らしいのですが、やはり音のキャラクターが本来目指す”甘さ”が足りない。。。
もんもんと過ごす日々の中で気になったメーカーが、、、
それがモーリス!
”モーリス持てばスーパースターも夢じゃない”
先日亡くなったかまやつさんで有名なCMですが、、、
私がギターを始めたころ初心者用の国産ギターといえばヤマハかモーリス。
この二つを選んでおけば間違いはない!
と言われておりました。
私もモーリスで選んでおりましたが、なにぶんお金がなく、、、
更にお安い木曽スズキのギターになってしまい、その後Morrisを買う機会もなく今まで過ごしておりました。
モーリス=マーチンのコピー=初心者用、、、
って図式が頭にあったんでしょうね。
ある程度余裕ができてもモーリスが選択リストに入ることはありませんでした。
しかし最近のカタログを見てみましたら、ルシアー的なギターも作ってるんですね。
その中で目に留まったのがS-92.
現在はS-92IIIにまでバージョンが上がってるようですが、
シングルカットのグランド・オーディトリウムのボディはやや赤みを帯びたシダー単板。
ブリッジピンを省いたスルーブリッジ。
ヘッドの木製の”M"のインレイ、、、etc
私の触手を動かすに十分なほどの仕様。
後は音です。
音納得いく音でなければ形がよくてもね。。。
ヤフオクでもたまに出てますが音聴かずにポチれる金額ではないし。。
まず試奏、、、と今まで躊躇してまいりました。
そして先日お茶の水で試奏することができました。
モデルは一つ下のS-91ってやつでしたが、音の鳴りと音色は満足。
ただ値段が、、、
OPで20万ぐらいなのでしょうか、店員に明日までなら16万で売ってます、、、て言われドキドキ。
そしてもう一丁、S-93Dってーのも弾いてみてヘッドの形が気に入らないけど、音は満足。
こいつはOPで16万ってお値段。
店員のやり取りでHeadwayのHD-112を最低でも6万で下取りしてくれるって言うので、不覚にも売ってしまおうか、じゃ明日持ってくるって言って店を出たのだけど、、、
別の店に中古のS-92在って弾いてみたんですが、やっぱ良い!^^
どうすんべー、、、と家に帰って悩みまくり。
そんな中Headwayのサドルを牛骨からTUSQに戻してみた。
低音の鳴りが気に入らなくてオリジナルに戻してそのあと自作牛骨にしていたのだが、全体的な鳴りの深さが納得いかずTUSQに戻してみることに。
これでだめならドナドナ決定、、、でしたが。。。
TUSQに変えたら今回は見違えるように鳴る訳ですよ!
これにはちょっとびっくりです。
弦が昔と違うからかな?
前はマーリンのSPだったけど現在はマーキスだし。
サドル交換時弦は取り替えませんでしたから、音の違いは確実にわかりますし。。。
低音の響き、音の伸び、どれもHF-590に迫るほど。
当然音色はHD-112の方が上です。
うれしいような残念なような。。。^^;
これではドナドナできません。
お茶の水のモーリスは諦めねば。。。
そしてさらに数日たって。。。
こうHD-112が鳴るようなら同等金額のS-93Dとかは必要なくなります。
ただシングルカットと甘めの音色は欲しい。。。
ヤフオク観てたら2万円でS-92が、、、と思ったらS-60って機種。
こちらは中国製の機械造り。。。^^;
スルーブリッジでもなく、オール単板ではなくサイドは合板。
でもトップはシダー、サイド&バック&ネックはマホガニー。。。
良いんじゃないの~。。。(^◇^)
ヘッドのロゴが気に入らないけど。。。
ネットで音のサンプルを探して聞いてみたが結構いい感じ。
一応最終日まで待って競り上がりそうなので、即決価格35000円で即落札!
そして本日届きまして、^^;
状態はとっても良いです。
傷は米粒大の打痕が一つのみ、それもあまり目立たないし。
音も希望通りの甘さの音。^^
ガットとスチールの中間みたいな音。
ストロークは向かない音って誰かはブログで書いてましたが、いやいや、そんなことはありませんね。
十分ストロークもイケます!(^_-)-☆
ピックの当たる角度、ストロークの速度で如何様にもコントロール出来そうですね。
弦は何貼ってるかわかりませんが、たぶんライトゲージなんでしょうね。
スケールが650mmと超ロングなので張りはやはりキツいですね。
カスタムライトにそのうち張り替えてみます。
それとペグボタンの交換、ピックガードも欲しい。
できたら透明の奴。
ピックアップの取り付けもしなければ。。。
穴も開けないとね。
それとネックヒールにストラップピンを。。。
と、色々やることができたぞ!(^◇^)

a0017909_23424176.jpg

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-08-08 00:44 | 音楽
先日HF-590の指板を染めてみたのですが、その後二日ほど弾いていたら少し剥げてきまして。。。
a0017909_19454404.jpg
やはりシリコンオフしなかったからかも。。。
塗ってる時に結構弾いてたし。。。
(´・ω・`)
仕方ないので、塗りなおしてみるか!^^:
序に待ちに待ったGroverのペグに交換してしまおうと。

まず市販のシリコンオフで指板の脂分を落とすのですが、、、
染料も見事に落ちる。。。
油分を落とすにはアルコールでも良いかと、無水エタノールも試しに使ったが、
これでもどんどん色が落ちてくる。。。
/(゜ё゜)\ ウーン
何回かスプレーして擦ってたら見事全部剥げてしまった!
( 一一)
今回試しに7フレットまで売りなおしてみようと思ってたのですが、どうしよ?
全部落とす?
、、
ちょっと迷いましたが、7フレットまで試し塗りなおして様子を見てみようかと。
ホームセンターの水性ステインではやはりだめなのか、、、
フィンガーボードステインじゃなきゃダメなのか、、、
生憎国内ではフィンガーボードステインは在庫してるところは無さそうだし。。。
油分を落とす下処理をしておけば大丈夫なのか、、、
色々試さなきゃ。。。

で、今回塗った箇所、前回より艶がない。
しっかり木地の中まで浸透して染まってる証しなのかも、、、と少々期待を持ちつつしばらく様子を見なければ。
^^;
指板はこのぐらいで、次はペグ交換。
今までのペグを外して、グロバーを仮止め。
a0017909_19455790.jpg
a0017909_19461833.jpg
a0017909_19463230.jpg
位置を揃えて木ねじ用の穴を開けるのだけど、、、
元々のペグ穴、結構ズレてるんですね!
流石中国製!^^;
だからちゃんと位置合わせできず、ほどほどのとこで妥協しなければ。
( 一一)
後はネジ締めて完了!
(#^.^#)
木ねじの穴は以前と違う位置なので穴開きっぱなしですが、暫くはそのままにしとく。
そのうち木で埋めて目立たないようにしてみようかと。。。^^;
a0017909_19464725.jpg
やはりゴールドのGroverは良いね!
高級感アップ!
昔から好きなんだな~、、Grover。。。
(^_-)-☆

序にブリッジピンの穴も少し広げてみました。
マーキスの弦とTUSQのピンだとキツキツなので。。。
a0017909_19465661.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-06-13 20:10 | 音楽

指板染め Headway HF-590の巻

とうとうやってしまいました。
先日手に入れたHeawdwayのHF-590の指板着色を。。。
HF-590の指板、ローズウッドなのですが、ジャパンチューンのせいか白っ茶けてるんですよね~。( 一一)
ネットで調べてたら自分で染めたって記事観まして、私もやってみようと。。。
白髪染めを使った方法出てましたが、ふき取りが大変そうなのでヤメ、ホームセンターで売ってる普通のステインを使用。
指板用にはフィンガーボードステインってーのも売ってるんですが高い!
大して違わないでしょうってことで。。。
a0017909_22414824.jpg
まず指板脇をマスキング。
ポジションマークとフレットはマスキング無し。
ステインは弾きますから、半乾の段階で拭き取ればいいかと思いまして。。。
本当は指板の油落としをしなければならないのですが、生憎シンナーもシリコンオフもなかったのでそのまま塗り始めた。
案の定弾く弾く!/(゜ё゜)\ ウーン
a0017909_22415055.jpg
でも数回刷毛を動かしているの染まってくる。
一回では当然無理。
結局5回重ね塗り。
何とか真っ黒、黒檀のように。。。^^
指板もまだ滑らかだから結構ホントの黒檀のように見える。
(^^♪
ポジションマークは一回塗るたびに綿棒でクリーニング。
フレットはできるだけ刷毛が掛からないように、はみ出たところは最後に拭き取ったらきれいになりました。
ん、満足な出来。
(^_-)-☆
あとはこの黒がいつまで保つか。。。
割りばしで試したときは結構ガリガリやっても剥げてこなかったけど。。。
ローズウッドではどうか?!
塗り初めに弾いていたのも気になる。。。
さてどうなるか!
a0017909_22415092.jpg
after
a0017909_16004161.jpg
Before

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
by yellow-bird007 | 2017-06-04 23:13 | 音楽

ヴァイオリン、弾き語り、PC、スマホの事なんか色々書いてます。


by yellow-bird007