ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

改名!

私ではなくヴァイオリンのお話。。。
暫くの間”鈴木さん”だの”鈴木オヤジ”などと呼んでおりましたが、
今回改めて”鈴木君初号機”に変更決定!
まぁどうでも良いことなんですが。。。
σ(^◇^;)。。。
でもなぜ初号機なのか。。。
そら、まぁ、、、弐号機があるわけで。。。

とゆー訳でご紹介いたします~!
鈴木君弐号機です!
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
a0017909_20554988.jpg
a0017909_2056136.jpg
a0017909_20561013.jpg



ハハッ、また買ってしまいました。
ヤフオクで。。。
今回のヤツは、鈴木バイオリンの現在も型番が存在する№540。
1981年製だから30年足らず。
1981年当時は定価9万円、現在は14万7千円と結構なお値段。
それを超破格値で落とせたんですけど。。。
届くまでは結構ワクワク!
ヤフオクの写真の撮り方が良くなかったけど、カタログで見た感じ結構”杢”も奇麗な材料使っていそうで。
で、今日届いて見て見たのだけど。。。
ちょっとがっかり。
国産でこの値段だとこんなものなのかな?
側板も裏板も杢が入ってることは入っているのだが、
それが余り美しくないわけで。。。
特にネックには杢なし!
(ーー;)
期待してたんだけど。。。
造りは良いのだけどね~。^^
スクロールの彫りも初号機より深くて丁寧。
表板は初号機より全然良い!
真直ぐな木目が奇麗に通ってる。
ナットの幅も22mmだからほぼ標準値かな?
塗装も今回はちゃんとニス塗りだし。。。
糸巻の太さ&テーパー角も標準値。
弾きやすさもLiuXiより一般的な駒の形だけど、弾き難くは無い。
(o^-')b
音はどうか?
音の鳴りは初号機同様良いです。
立ち上がりの良いクリアな音色。
ボディの響きも良いです。
問題はその音質。
コレもまた初号機と同じように薄っぺらい。
初号機よりは深みがあるが、LiuXiに比べると月とすっぽん。
値段はLiuXiの3倍以上するのに。。。
恐るべし中国。
(ーー;)
4万円程度であの材質と音ですからね~。
凄いわ中国人って。
人件費とか材料費の違いがもろって感じです。。。
σ(^◇^;)。。。
今日は動きの渋い糸巻を、4本とも調整してみた。
動きは良くなった。
ちゃんと止まるし。。。
でもなんかこの楽器、チューニングがしにくい。
なぜだ?弦のせいかな~?
(ーー;)
あと駒も取り替えないとダメだ。
上から見ると左右でねじれてる。
アジャスター使いすぎだな!こりゃ。
σ(^◇^;)。。。
[PR]
by yellow-bird007 | 2009-02-27 13:54 | Violinな日々 | Comments(0)
<< Violin Lesson 98 増設&パワーア~ップ!(*^_^*) >>