ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

どえらいことに。。。( ; ゚Д゚)

a0017909_20403249.jpg
夕方から鈴木君初号機を弄ってました。
先日削った糸巻の余分な部分を鋸でカットして、切り口をヤスリで滑らかに削りつつ長さを調整いたしました。
全部削り終わったトコで止めとけばよかったのですが、全体的に長さが長いのが気になって。。。
もう少し削ったほうがいいな~って。。。
で、シェーバーでまたガリガリ…と、やろうとしたけど先日噛んだやつはやはりダメ!
(ーー;)
で、暫くグリグリ逆回しなどしながら削れてくれないものかと挑戦していたのですが、その時突然バキッと嫌な音が。。。
ちと力入れすぎた。。。
見事糸巻割れてしまいました。。。
( ; ゚Д゚)
一旦は諦めゴミ箱にポイしてしまいましたが、思いとどまって直すことに。
そう、膠があったんですね~!
幸い糸巻は縦に裂けるように2つに割れていただけなので、何とかなりそう。
欠片を合わせてみると隙間無く合わさるし。。。
早速膠で接着。
チョッとずれた。。。^^;
完璧に乾いてヤスリで面を均してみます。
それで穴にシックリはまる様ならよいのですが。。。
σ(^◇^;)。。。

そして今度は弐号機です。
先日の続きでブリッジ(駒)作り。
初号機のときと同じようにオリジナルのカーブを写し取って削って行きます。
トップが削れたら今度は厚さ。
弐号機は低音を出したいと思いますので、駒の厚さは厚めにしておきます。
しかし厚すぎるとミュートが入らないので、ミュートが入るぎりぎりまでしか削りません。
トップのエッジも倍音押えるため角を落とし丸みをつけます。
そして出来上がり。
a0017909_20411032.jpg

と、今日は更に続きます。
ローズウッドのフィッティングがあまっていたのでそれを装着することにしました。
ただ顎当てだけはオリジナルの物の使い心地が良いので今日のトコは変えずに。。。
まずテールピース。
テールガットを通し長さを調整。
ナイロンのテールガットは伸びるのでオリジナルよりやや短めに調整。
そして糸巻。
ローズウッドの削り具合はどうか?
結構繊維質っぽい。
しかも意外に真直ぐな繊維なんで削りやすかった。
ツゲに比べたら軟らかい木材なんですね。
で、削り終わったら余分な長さをカット。
そして今回が初めての作業、弦を通す穴あけ!
約1ミリの穴を糸巻の軸の中央に開けなければなりません。
さて、上手く出来るか~?
おんぼろルーターがあるんですが…、
まともに使えたためしが無い!
回転トルクが弱いみたい。
高回転なのに。。。
ドリルの刃はそれらしいのが入ってる。
果たしてコレで上手く開けられるか~?
手持ちでなんて怖くて出来ません。
テーブルの上で糸巻の穴を開ける位置と、ルーターのドリルに先端の位置を高さを合わせて置きます。
そしてルーターを回し、糸巻に近づけて行き、穴を開ける位置にドリルの刃着たことを確認したら、一気にルーターを押し付けて行きます。
この方法で見事貫通!
一本目は高さが合っておらず、少々ずれたけど、後の3本はほぼ真ん中に貫通!
(*^_^*)
a0017909_20412598.jpg

さて、出来上がった部品を組み付け見事完成~!
o(^-^o) (o^-^)o♪
a0017909_20413699.jpg
a0017909_20415953.jpg
a0017909_20423440.jpg

[PR]
by yellow-bird007 | 2009-03-08 20:36 | Violinな日々 | Comments(0)
<< Violin Lesson 1... ペグ交換 >>