ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

顎当て調整

鈴木君弐号機の顎当て結構良いんですよ。
テールピースを跨ぐ形の物ではないタイプなんですけど。。。
取り付け角度がピッタリ合ってる感じ。
それに比べると、今までフィットしてると思ったLiuXiの方がなんかシックリこない、どうも厚みを感じてしまうんです。
確かに、通販で買って何も調整無しに取り付けただけですからね。。。
σ(^◇^;)。。。
なので今日はLiuXiの方を弄くってみました。

まず顎当てを外して、足の部分のコルクを剥がします。
そして後は紙やすりの上で、やや角度を付け削りこんで行くだけ。
ローズウッドは削りやすいです。
削り過ぎないか、角度付け過ぎてないか、確認しつつ削ります。
ほぼ底が平らになってきたので終了。
またコルクを底に張って、本体に取り付けそして完了。
コルクも新しく作り直しました。
厚手の物しか売ってなくって、削って薄くしました。
結構これもしんどかった。。。
(ーー;)
a0017909_22102243.jpg

で、どうでしょ?写真で判ると思いますが、かなり水平になりました。
このほうが顎にかかりやすく、構えが楽ですね。
[PR]
by yellow-bird007 | 2009-03-01 22:10 | Violinな日々 | Comments(0)
<< Violin Lesson 99 Violin Lesson 98 >>