ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

鈴木さんのリペア!^^;その18 駒製作その4。

今日は色々作業いたしました。
まずは上駒。
先日奥行き、幅は完了いたしましたので、今日は高さを。
昨日模った指板のアールにほぼ平行に削って仕上げました。
最終的な高さは指板を接着してから調整いたします。
a0017909_2224693.jpg

そして次の作業下駒(ブリッジ)の調整。
今日は足の部分のボディとの摺り合わせだけです。
Fホールに削りカスが入らないよう、サランラップでボディを覆い、
紙やすり(150番)を本来のブリッジの位置に敷いて、用意した駒の足を削って行きます。
a0017909_223951.jpg

ブリッジのテールピース側がボディに垂直になるように削ります。
今回私は木片を当てて直角を出しましたけど…、
何故かずれた~!
a0017909_2232648.jpg

でも何とか修正。
ボディに立つまでに。
a0017909_2234282.jpg

今度のブリッジは”AUBERT"。
ドイツ製の三ツ星。。。
の割には1300円とお安い。
なんっか怪しいけど。。。
σ(^◇^;)。。。
a0017909_223598.jpg


そして今度はボディ。
研ぎはやらない予定でおりましたが、ブリッジ削ってる時、何故かサランラップのシワで表面に傷が。。。
(ーー;)
もう乾いてるはずなんだけどな~。
考えられるのはニスがある程度厚く塗られているため、その層は軟らかいのではないか…と。
ならばやはり研ぎ出さなければダメか!
と、思い研ぎを始めました。
今日は表板だけ。
テレビ見ながら一時間程度。
あまりテレビに気を取られてると、木地が出てきてしまう危険があるのですが。。。
1000番の耐水ペーパーで軽く擦っていく。
表面全体がムラ無く白くボケるまで擦ります。
筋になって光ってるところは刷毛跡でニスの凹んだ所。
こうゆう箇所が無くなるまで擦って削ります。
一時間も擦っていくと大体90%は平らになってきます。
徹底的に平らにしたいけど、かなり怖い。
削りすぎが。。。
σ(^◇^;)。。。
後日1500番で磨き、鏡面仕上げコンパウンドで磨いてみて、様子見てみます。
a0017909_2241514.jpg

[PR]
by yellow-bird007 | 2009-01-18 22:03 | Violinな日々 | Comments(0)
<< 鈴木さんのリペア!^^;その18 鈴木さんのリペア!^^;その1... >>