ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

奥華子LIVE TOUR '08 「はじめてバンドで歌います!』

今日は何度も書いたように、奥華子のライブツアー初日です。
その中の東京公演、SHIBUYA-AXのコンサートに行ってきました。
今回のツアーは昼と夜のダブルヘッダー。
昼は弾き語り、夜はバンド付きと成っておりまして、
私が参加したのは夜の部のバンドモノです。
またいつものように早く現着してしまいましたので、駐車場で時間待ち。
雨が降りそうだったので、待ってる序に車のワイパーゴム交換してました。
会場時間近くなって外に出たら、やっぱり雨降ってた。
あまったチケットをコミュで欲しがってた人に渡すため、ゲート前で待ち合わせ。
無事手渡すことが出来、イザ会場へ。
と、係りの人がなにやら叫んでおる。
入場はまず立ち見の人からだそうです。
立ち見300人ぐらいかな?
整理番号読み上げてたから。。。
しかし雨が降ってるのに外で待たされるのは辛いな~。
幸い雨は小雨だったけど。。。
で、指定席の入場。
入場の際チケットと500円用意しろと!
ドリンクは強制なのね。
ジュース、又は水。
水は並ばなくてもすぐもらえた。
しかしボッタクリだな、こりゃ。
自販機で買えば120円の水を500円ですからね!
飲み物なんていらんだろ!
どうせ座席にテーブル無いんだから。。。
と、チョッとムカつきつつ座席へ。
と、ココでピックり!
ゲゲッ、木の椅子ジャン!
この会場普段はスタンディングのみなので、うすうすは感じていましたけど、やっぱり。。。
しかもフロア平らだし。。。
私の席は左端。
ステージには中央にはエレピなし。
生ピは当然横向き。
座高の高い男が前方に。。。
不安を抱えつつ19時をやや押して開演。
案の定、生ピを弾く華ちゃんの後姿さえ見えない!
く~っ、ガマンだ~。

ネタバレしますんであまり詳しくはかけませんが、
チョコッとだけ。
バンド編成は4リズム。
ギター、ベース、ドラム、キーボード。
で、驚いたことにキーボードとバンマスは今回のニューシングルもそうですが、ガーネット等のアレンジを担当したあの佐藤準氏。
まさかアレンジャーが参加するとは。。。
実は佐藤準氏、昔一緒に仕事したことあるんですわ。
「セイントフォー」の曲のアレンジを2、3曲ばかり佐藤氏が担当してて、その時のインペグ(演奏家集め)が私だったんです。
思えば佐藤さんももう50過ぎてるんだな~。
昔は髪の毛長くて(私も)神経質そうな感じだったけど…、
ずいぶん変わったわ。
と、横道にそれつつ。。。
今回の演奏、顔合わせからまだ間が無いそうなのですが、かなりまとまっております。
さすがプロです。
今回華ちゃんが弾いたのは生ピアノのみ。
エレピは弾きませんでした。
曲によってはバックに演奏任せてスタンディングで。
ステージ狭しと駆け回って、元気いっぱいでした。
とても三十路には見えない!
佐藤氏がピアノで華ちゃんは唄だけって~のも凄く良かった。
思いっきりうたえるんだよね、楽器弾かないと。
ただバンドだとテンポを保たなければならないから、今までとはチョッと違った難しさや物足りなさ感じるかもね。

セットリストは書きません。
順番よく憶えてないから。。。
でも曲数は14曲、アンコール入れて。

今回のコンサート、演奏に関しては十分満足できるものだと思います。
バンドでのコンサート、とりあえずは成功と行ってよいのだと思います。
ただ奥華子のコンサートとして見た時果たしてどうなんだろ?とゆー疑問が残らないでもないコンサートでした。
[PR]
by yellow-bird007 | 2008-11-25 23:35 | 華ちゃん歳時記 | Comments(0)
<< Violin Lesson 66 Violin Lesson 65 >>