ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

鈴木さんのリペア!^^;その2

前回溝埋めした木工パテもすっかり乾いたので、
今日は溝きりいたします。
まず余分な木工パテを紙やすりで削り取ります。
そしてマスキングテープを一度剥がします。
そして溝きりに移るわけですが…、
問題は溝の間隔。
目分量では自信が無いし…。
なので溝の間隔はPCを使って。
^^;
わざわざAdobeのIllustrator使ったりして。
今回はE線とG線はそのままの溝なので、
その間隔を測って3等分すればよいわけです。
E線とG線の間隔は15.8mm。
Illustratorで15.8mm間隔で2本直線を弾き、
その間に更に2本直線を描きます。
そしてオブジェクトの整列で4本を等間隔に整列させて出来上がり。
印刷して適当に細く切ってネックに貼り付けます。
お~バッチリ!
見事E線G線重なってます。
a0017909_23463114.jpg

それではイヨイヨ溝きり。
薄っぺらいヤスリで貼り付けた線上を削ります。
D線OK、A線は…、
ヤベッ!チョッとずれた。。。( ; ゚Д゚)
ココで焦らず、今度は三角やすりで、A線の溝をずらしながら広げてしまいました!^^;
こんなのでも全然大丈夫…みたいです。^^;
もともとA,D線は上駒がチョッと高かった。
削ろうと思ってたんで手間省けただけ!
^^
一度駒立てて弦を張ってみます。
指で押さえた感じは…、
良いみたい。
違和感無い高さ。
でもD線がチョッと高いかな。
また弦を緩めD線の溝を削ります。
そして弦を張り…。

今度は大丈夫!
違和感無しの弦高!
もちろん弦の間隔も!
(*^_^*)
a0017909_23473481.jpg

仕上げは少し汚いですけど、弾きやすければ良いのです。
σ(^◇^;)。。。

鈴木さんのリペアこれで終わったわけではありません。
次は下駒の高さ調整します。
今のままでもおそらく市販の物と同じにはなってますが、
もう一本のヴァイオリン”LiuXi”とちょっと弾いた感じが違うもんで。
A線を少し下げます。
D線ももしかしたら下げねばならないかも。^^;

それと衣装換え!
フィッティングの交換です。
昨日ヤフオクでやっと見つけて落としました。
BOXWOOD(柘植)のフィッティングを!
これは流石に自分で出来ないので、工房持って行ってやってもらいますけど。。。
金子工房に…、嫌がられるかな~?
σ(^◇^;)。。。
a0017909_2348166.jpg

[PR]
by yellow-bird007 | 2008-10-21 20:31 | Violinな日々 | Comments(0)
<< 鈴木さんのリペア!^^;その3 Violin Lesson 53 >>