ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

フレット打ち替え練習 その2

今日は先日打ち込んだフレットのすり合わせです。
と、その前に。。。
ネットで調べているうちにフレットと指板の隙間が空かないようにとある。
紙が隙間に入らないぐらい。。。
ま、まずい!(--;)
試しに手元にチラシ広告の紙が在ったのフレットと指板のあいだに、、、
ズッコシと入る箇所がある。。。
しかも結構な箇所が。。。
目視でもわかる場所もあるが、判らない場所も。。。
もう一度ハンマー打ちの作業を。
サイドから見てみると曲がって打ち込んでるフレットもある。
こうなるとかなり手ごわい。。。
相当力を入れて叩かないと!^^;
しかしギターのネックってかなり丈夫に出来てるもんだな~と変に感心したりして。。。
(~~;)
多少は妥協しつつほぼ修正完了。
次はエッジ処理。まずエッジを45度の角度に削ろうと。
そう言えば以前ダイソーでこんなものを買ってあったっけと。。。
a0017909_20162508.jpg
木材のエッジを45度に落とす器具。
黒い部分がやすり。
張り替えて使える。
替えのやすりもついてる優れもの!^^;
削れるかやってみた。
意外と削れる。
が、少しでもエッジが指板から出てると意味ない。
結局棒やすりで仕上げなければならないし、片側のみ使ってみただけ。
指板とフレットのエッジが面一の場合は有効でしょうね。
写真撮り忘れて仕上げで一本ずつ削ってる写真しか在りませんが。。。
a0017909_20165771.jpg
こんな感じで一本一本エッジに引っ掛かりがないように削っていきます。
そして次はいよいよすり合わせ。
一応ネックをロッドで真直ぐに調整。
アルミブロックに耐水ペーパー#320を張り付け、指板の端から端まで擦っていきました。
果たしてこんなやり方で良いの不安ではありますが。。。
一応フレットのトップをマジックペンで印付けて均等に削れているか確認しつつ。。。
a0017909_20164832.jpg
a0017909_20164243.jpg
てな感すり合わせ終了。
フレットの仕上げはまだですがまた後日。
その前にフレット打ち込んでるときにペグのネジが衝撃で外れた。
穴が緩くなっていたようなので、そいつを修正。
楊枝突っ込んで、穴を開け直し。
a0017909_20163678.jpg
んで、弦を試しに張ってみた。
ビビりは、、、弦高調整前の弦高高い状態なので、今のところビビりなし!^^
普通に鳴ってます。
ただフレットの仕上げがまだで、ギザギザ下箇所があるのでチョーキングやビブラートはガリガリします。。。
後で削って磨いてね。
^^
a0017909_20163149.jpg
今回の教訓はフレットを打ち込む時は最初から真直ぐに。
フレットの打ち込みに金属製のポンチは使わないように!^^;
傷がつきます。
しかも修正困難な深さの傷がつきます。( 一一)
まぁ今回は練習だからいいとして。。。
(^^;)
次回はフレットのピーク出しといよいよ最終仕上げです。
(^_-)-☆



にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2018-04-04 20:47 | Guitar | Comments(0)
<< いよいよ本番!Morris F... フレット打ち替えの練習 >>