ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

Morris F-10をじっくり観察。。。

1900円で手に入れたMorris F-10、状態はどうでしょう?
細部を観察してみました。
まず糸巻き。
オープンタイプのおそらくオリジナルなんでしょうけど、ペグボタンのメッキが浮いて剥がれているところを銀色の塗料で補修したのか、指ざわりがよくありません。
動きも渋いので、 このまま使えそうですがいずれ交換します。
a0017909_22365132.jpg
a0017909_22364961.jpg

ヘッドは 打ち傷は 見られますが 比較的綺麗な方ですね。
トラスロッドカバーは 新品みたいに綺麗です。
ただ止めているビスは錆びて頭朽ちかけているので 交換したいと思います。
ボディ表板は 良い具合に日焼けしており ますが 長年弾き込まれて来たせいか、ボディの縁など塗装がスレにより薄くなってきております。
板の剥がれや割れはありません。
しかしブリッジのケツが少し浮いているような。。。(^^ゞ
ボディ表板のブリッジ周辺の膨らみも結構すごいです。
膨らみ直せばブリッジの隙間もなくなるかも。。。(・・;
ネックの状態は 珍しく逆反り状態です。
フレットの減りもかなり進んでいますね。
フレットの減りと逆反りのせいで 2弦がビビります。
これは何とかしないとなー。。。
自分で治せるかどうか。
(ーー;)
取りあえず糸巻きも外すので、弦も外します。。。が、ボールエンドがブリッジの穴から抜けません。
仕方ないので弦をカットしてサウンドホールから抜き取りました。
試しに上からボールエンド差し込んでみても入りません。
穴が小さい?なぜ?、、、
このままではいかんので、リーマーで広げてみましたが、なんかブリッジとボディの穴が微妙にズレているような。。。
張り直したのかもしれない。
(ーー;)
また、サウンドホールの中を覗いてみるとまたびっくり。
Xプレッシングの一本に、石膏だか、木工パテだが判らない白い塗がある。
a0017909_22371558.jpg
a0017909_22371400.jpg

力木の割れを補修でもしたのか?
2弦のビビリは力木のせいではないか?
色々不安材料が考えられる、結構ヤバイ個体であることは確か。
果たして何処まで自分で調整できるか、これからのお楽しみ。。。
(^^ゞ
a0017909_22390060.jpg






にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2017-11-10 20:39 | 音楽 | Comments(0)
<< Morris F-10 ぼちぼ... F-10買った!^^/ >>