ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

FG-150 最終お色直し!

今度は最終的なお化粧直しです。
半完成や納得いってない部分の修正。
それとクリーニング。。。
一昨日から始めたのですが、、、
どこまでできるかわかりませんができるところまで。
a0017909_15141815.jpg

a0017909_1563749.jpg

今回やること。。。
サドルの整形(音に関わる部分以外の削り残した部分の形成)
ペグのクリーニング。
ピックアップの取り付け。
指板サイドのポジションマークの作成。
ヘッドロゴの補修。
ボディ内のクリーニング。
などなど。

とりあえず、FG-150のパーツを外して丸裸に。。。^^;
a0017909_1571117.jpg

まずはペグのクリーニングから。
ペグブッシュは外すかどうか悩みまして、
最初は外さずマスキングして磨けばいいかな、、、と考えていたのですが、
屋は入り一度全部外してみたい思い外してしまうことに。。。

こ、これが過ちの始まり!( 一一)

このブッシュを外すのって意外と難題でして
最初裏からマイナスドライバーで”コンコン”と軽くやれば外れるものと思って生かしたが、いやいや!
全然びくともしない!(;>_<;)
仕方ないのでボムハンマーで”ガンガン”叩いてやっと外れて!
で、マスキング外して愕然!
塗装が割れてる。。。
穴の周りに細かい筋が数本。。。
無理に外したせいでした。
ブッシュを温めるとか、穴を湿らすとか、もっと軽く叩くとかしなければならなかったのでしょう。。。
ま、地まで割れてわいないので実用上問題ないとは思うのですが。。。
ちょっと気分が落ち込みます。。。
( 一一)
a0017909_1575068.jpg

で外したペグを更に分解。
ピカールでパーツごとに磨き上げ、その後ルーターでパフ掛けしました。
40年間のクスミも見違えるように輝きを取り戻しました。
(*^_^*)
後はグリスを刺して組み立てて一先ず終了。
組みつけは後日作業の流れで。
a0017909_1584363.jpg

後はサドルの整形。
遼端の部分が角ばったままでしたのでこれを綺麗に整えました。

次は指板サイドのポジションマークの作成です。
何故かこのギター指板右側のポジションマークが有りません。
左側にはちゃんとついているんですけどね。。。/(゜ё゜)\ ウーン
やはりポジションマークが無いと弾きずらい。
なので拵えることに。
手順はまず指板サイドに2mm程度の穴をドリルで開けす。
その穴に接着剤を入れ金粉を蒔絵の如く張り付ける。
凹んだ穴を透明ラッカー等で埋めて完了。。。
なのですが。。。
a0017909_15102639.jpg

まず穴あけ失敗!^^;
マスキングもしないで、手持ちのルーターでガイドも開けずにやったからスルッと滑って!^^;
キリ等でガイド穴をあけておくべきでした。(;^ω^)
ま被害は少ないですが。。。
上の写真は今日の作業模様。
ここまでが一昨日。

そして今日、次の失敗!
金粉入れて、さあ穴を塞ごうと。。。
ラッカーより接着剤ではどうかと、アロンアルファでを注入してみたら。。。
数分たったら透明度が。。。
透明じゃないんだアロンアルファって。。。( 一一)
硬化前に慌てて削り出し、金粉からやり直し。
今度はオイルニスで重ね塗り仕手いくことに。。。
ホントはラッカーにしたかった。
でラッカーを今朝、仕事帰りに買ってきたのですが、何故か透明ではなく”金”色を買ってきてしまった!
(・_・。)) マイッタナァ
なので家にあった油性ニスでやることに。。。
固まると結構固くなるから大丈夫かと。。。

と、まぁ現在以上のような経過でございます。
早く仕上げて弾きたいんですけどね。。。
じっと我慢です。
(;^ω^)




にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2016-10-19 15:15 | 音楽 | Comments(0)
<< FG-150 お色直し完成! FG-150の腹の中を覗いてみた。 >>