ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

YAMAHA FG-150 蘇生計画 その弐 弦高仮調整

仕事明けで帰ったら、先日注文したTUSQのナットとサドルが届いていた。
一緒にリーマーも届いていました。
早速ナット&サドルを削りたいところですが、その前にオリジナルで仮調整を。。。
a0017909_18361393.jpg

まずナット。
ずいぶんと削られて溝が深くなっているように見えますが、これでもまだ適正弦高ではありませんね。
も少し削れます。
一度溝が消えるまで削って、弦の間隔を広げてみようかと。。。
ただ1弦2弦は結構ギリギリの深さまで掘られているようなので、間隔調整は今回はあきらめ。
弦高調整だけね。。。
^^;
a0017909_18344983.jpg

ヘッド側を斜めに削り込んでみました。
弦に当たる山を鋭角的にしたいがため。
指板側に弦の位置が微かにわかるぐらいまで削りました。
a0017909_18352394.jpg

その後高さをゲージ(クレジットカードですが)^^;に合わせて削りました。
今回はうまく削れました。
ナットでのビビりは無いようです。

次はサドルです。
FG-122のサドル着けてますが、一度オリジナルに戻して、えぐれた部分を綺麗に削ってみます。
購入時のサドルの高さにした訳ですね。
a0017909_18373679.jpg

エグレを削って音がどれだけ変わったか聞きたかったのですが、ナット調整して下げたおかげで一弦がNGです。
a0017909_1839575.jpg

低すぎます!(;>_<;)
ブリッジに弦が当たって開放でもビビりまくります。
残念。。。

それでも一弦以外の音の変化は一目瞭然。

とりあえずFG-122のサドルを削って調整します。
12フレットの弦高が4ミリありましたから。
それを2mmにはしたい。
12フレット2mm下げるにはサドルは倍の4mm削ればいいのですが、4mm削るとおそらくサドルの高さが低くなりすぎて、またブリッジに弦が当たるでしょう。
やはりボディの膨らみを何とかしたいものですが。。。
a0017909_1842227.jpg

とりあえずサドルは2mm削ってみました。
これでも何故か一弦が少しビリつきます。
仕方ないのでロッドを少し緩めて、少~しネックを順ぞりに。。。
判るかわからない程度ですが、これでビビりは消えました。

弦を緩めたり張ったりしてたら3弦切れた。
仕方ないから全交換。
序にブリッジピンの穴をリーマーで修正。
穴の径が全部まちまちでしたわ。
結構造り雑だったりして。。。
!( 一一)
穴の縁も面取りしないとね~。
a0017909_1844213.jpg



音はこんな感じになりました。
上:調整後

下:調整前






にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2016-09-24 18:49 | 音楽 | Comments(0)
<< YAMAHA FG-150 蘇... FG-150 蘇生計画。。。 その壱 >>