ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

TUSQ 3点セット。。。

お茶に水へ買い物に行って来ました。
FS-325用のパーツを揃えに。。。
a0017909_23325311.jpg

ナット、サドル、ブリッジピンの3点をTUSQに換えてみることにしました。
YAMAHA用ってーのは無いんですね。
各パーツサイズを予め測り、近似値のものを購入。
無ければ無垢から削りだそうかと。。。
ブリッジピンは”Presentation”タイプでOK。
テーラーなどと同じ、Martinより細いタイプです。
とりあえず整形済み三点と無垢のサドル一本を購入。
早速、高さ調整は後にして仮装着。
果たして音は変わるのか?
以前にエピフォンとヘッドウェイのブリッジピンだけ換えた時は、意外に変化があったので、今回は三点だからさぞ劇的に変わるかと思いきや。。。
a0017909_2333347.jpg

たいして変わらん!


(;^ω^)

ま、そんなもんでしょ。。。

ナットも上手くはまってそのままでも以前より弦高下がってるし、サドルの高さだけやれば良いだろうと思っていましたが。。。
よくよく見ると。。。

ナットの取り付け面が90度では無い様でして。。。
流石安い楽器だけのことはある。。。^^;
a0017909_23313041.jpg

サドルは厚みがやや薄い。
横から見てみたら溝にスカスカだから前方に傾いてますわ!
( 一一)
a0017909_23324100.jpg

やはり無垢から削らねばダメね。
そそくさと取り外して無垢材に型取り、後日削ることに。
ナットは速攻でやすり掛けて底面を斜めに削り出し。
あんまり削りすぎると弦高ギリだからやばい。
ほどほどにして指板と隙間ができない程度で仕上げ。
a0017909_23322455.jpg

オリジナルのプラのサドル、弦の当たるピークを削り出してオクターブピッチ対策ろ低音の出過ぎ解消を目指す。
んが、ほぼ変化なし!
(-_-;)
ナット交換で弦高昨日より下がって弾きやすさアップ!^^
12フレット6弦=2.5mmm程度まで下がった!(^◇^)
あとはサドル削りだしでどうなるか?



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
by yellow-bird007 | 2016-07-02 23:38 | 音楽 | Comments(0)
<< YAMAHA FS-325 T... YAMAHA FS-325 >>