ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

塗りの準備。。。

W-18のリフィニッシュの準備。
ニスの原料”シェラック”と目止めの粉”パニス”が到着。
a0017909_22410771.jpg
後は器具を用意せねばとユニディへ。。。
洗瓶や刷毛などを買ってきた。
まだこれで全部ではないと思うけど。。。
塗装剥がし用の材料も。。。
a0017909_22412459.jpg
試しにニスを作成。
2ポンドカットで作っておけば後は薄めて使えるの2ポンドカットで。。。
24gシェラックの結晶を測り、容器に入れ100mlのアルコール注いで溶かします。
a0017909_22413036.jpg
a0017909_22413475.jpg
最初は濁った汚いだけの液体ですが、一晩ほっとくと綺麗に溶けてくれます。
振っても早く溶けますけど。^^;
a0017909_22413604.jpg


にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]
# by yellow-bird007 | 2018-04-19 22:43 | Guitar | Comments(0)

Morris W-18 リフィニッシュ計画

a0017909_22595150.jpg
リフレットの練習用に買ったMorris W-18ですが、フレット交換後ナットとサドル取り替えて弦高調整たらすっかり生まれ変わってしまって、、、
とても定価(当時)18000円のギターとは思えない弾き心地とその音は、売り払うにはちょっともったいない、、、(^^ゞ
しかもコイツ1979年の後期(?)モデルでごく短期間しか売られてない機種なのでありました。
余計手放すのは惜しくなって、、、

ただコイツの表板の様子が少し変なんですよね。
白濁してるのかな?
a0017909_23000017.jpg
スプルース自体が白っぽいので、ヤケムラのようにも見えて、どっちが本来の色なのか?
アイロン+濡れタオルで挑戦した見たけど一向に変化なし。。。
なので今度はリフィニッシュに挑戦です!
所謂塗替えね!
どうやるかはまだ未定ですがその前にビックガードを外そうかと。。。
昔、木曽スズキのギターピックガード外したことあったけど、そん時は力ずくで、、、
表板の塗装諸共剥がれたっけ。(ーー;)
若気の至りかと。。。
今回は丁寧に。。。
アイロンで温めてスクレーパー(パレットナイフが見当たらず)で端を少し浮かして。。。
後はアイロンで温めつつゆっくり剥がして行きます。
ピックガード自体はキレイ剥がれたけど、シールの粘着剤がしっかり残った!
a0017909_23030052.jpg
温めながらスクレーパーや指で擦って丸めてやったけど、指をやけど!
水ぶくれに。。。
(・・;)
a0017909_23030080.jpg
仕方ないのでホームセンターにシール剥がしを買いに行ってなんとかキレイに片付いた。
(^^♪
以前バイオリンのリフィニッシュはやったことあったけど、ニス仕上げだっとからね〜。。。
ギターはそうは行かないし。。。
さてどうなるか。
(^^ゞ
a0017909_23030240.jpg
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]
# by yellow-bird007 | 2018-04-15 23:04 | Guitar | Comments(0)

Morris F-10 リフレット その2

まだ指板からフレットを抜いたままのF-10でありますが。
a0017909_18231648.jpg
指板整形用にとラディアスゲージ(以下Rゲージ)を購入。
a0017909_18214066.jpg
でF-10の指板のRを測ってみた。
a0017909_18184365.jpg
マーチンタイプだから16Rと思っていたらもっとアールが緩い様です。
しかもすり減ってるようで場所場所でRが違っている。
どれが本当なのか。。。
(@_@)
ま、今回はマーチンと同じ16Rで仕上げるため、ものは試しとサンディングブロックも注文。
でもケチってアマで中華製を買ったから到着まで二週間ほど、香港からの船便?
(ーー;)
到着までに指板の歪みある程度直せるかと、アルミの角材でゲージを作成。
1mモノを半分に切って、危ない角を丸めただけのものですが、、、
後々フレットのすり合わせ等にも、長めのゲージがあったほうが良いと思いまして。
私のF-10ネックは弦を張った状態だとネック起きの逆、ネック倒れ?!
12フレットよりヘッド側が逆ゾリ方向へ、微妙に折れ曲がった感じに。
弦を外すと全体的にシナッた逆ゾリに。。。
いっそ12フレットあたりの出っ張りを削って1から20フレットまで真っ平らに出来ないものかと、かなりの時間ガリガリヤスリで削ってみたか所詮無理なお話。。。
弦無しの反りの状態だと3〜5ミリ程度削らねばならず、そんなに削ったらフレットの溝どころか、ポジションマークも消えて無くなるであろう。。。
それでは困るので、真っ直ぐに整形は断念!
a0017909_18184229.jpg
でも結構削ったから傷や小さなへこみが消えて指板はピカピカスベスベ!
(^^♪
暫しアマの荷が香港から着くのを待つとしよう。
(^^ゞ
にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村
[PR]
# by yellow-bird007 | 2018-04-13 18:27 | Guitar | Comments(0)