ブログトップ

Yellow-Bird Blog

yellow.exblog.jp

いつもと違う弦を張ってみませう。。。(^^♪

今日はちょっと弦のお話を。。。
以前Facebookで紹介されて興味持ち、お茶の水クロサワ楽器で購入したものの、
張り替えずに温存しておいた弦、その名も
MARTIN ”RETRO”
a0017909_17133838.jpg
普段使っているマーチンの弦のは”SP”や”MARQUIS”。
赤っぽいのと金色っぽい違いはありますが、ともにブロンズ弦です。
今回のこの”RETRO”は”銀色”なのであります。
銀色ってなんか懐かしいような。。。
昔ギターが家にあって触りだしたころ、弦は何処に買いに行っていたっけ。。。
そこはレコード屋さんなんですね~。。。
レコード屋って呼び方自体古いですけど。。。
^^;
昔は町のレコード屋でギターって売ってましたよね。
天井からぶら下げて。。。^^
だから弦もレコード屋で売ってたんですよね。
そんなレコード屋売ってる弦ってYAMAHAとかMorrisなんかじゃなく、
”ナイト”って弦。
YAMAHAとかもあったんだろうけど、なんせYAMAHAのFGが出たか出ないかの時代ですから。。。^^;
確か青や茶色のパッケージがあって、パッケージにはフクロウの絵が描いてあったような。。。
( ˘ω˘ )
私が買ってきてた訳ではなく、姉貴や兄貴が買ってきてたのを見てたんですけど、その弦の色がブロンズではなく銀色でした。
だからしばらくはギターの弦=銀色と思い込んでましたね。
だから初めてブロンズ弦のギターを見たとき、この弦は”錆びてる”んだと思ってましたから。。。^^;

さて昔の話はさて置き、、、
この”RETRO”の巻弦、ニッケルと銅の合金で出来ており、ニッケルの比率の方が多いのでしょうか、そのせいで銀色なのかな。。。
そういえばEpiphoneのEL-00も買った時シルバーの弦だったっけ。
あれは何処の弦だったんだろ?
付録の弦はブロンズだったし。。。
ギブソンも昔、アコギ弦にシルバーあったなー。。。と
a0017909_17134065.jpg
FBのコメントでは結構明るい音書いてありましたが、RETROなのに今風な明るい音でもないだろうにと思って、張り替え躊躇しておりましたが、今日、暇だったもんで。。。
張り替えを決行!
(^◇^)/
購入時2種類買いました。
通常のLIGHTゲージとMIDIUM/LIGHTってヤツを。
LIGHTはYAMAHAかHF-590用、MIDIUM/LIGHT(以下M/L)はHD-112用にと。
Headway HD-112は常用弦はMIDIUMゲージなんですね。
ノンスキャロップの表板の成せる業、、、弦を緩めず、十年以上貼りっぱなしでもブリッジ周りの膨らみは皆無!^^
鳴りは悪いが”丈夫”と来ている。
(^_-)-☆
LIGHTゲージだと、HD-112の怪しい六弦ピッチもMIDIUMだと、その弦の太さ故か安定するのですよ。
フレットを押さえた時のたわみが少ないから。
しかしMIDIUMだとテンションきつくなるので、M/Lなら低音側がMIDIUM、1,2弦がLIGHTの太さと思って買ったのですが、これが勘違い!
私買ったM/LはArtist Choiceと言うシリーズらしく、ただのMIDIUMでは無い!
Laurence Juberって人のチョイスだそうな。。。
そいで6、2、1弦はMIDIUM、5、4、3弦がLIGHTって感じの”変な”セットになってるんよ。/(゜ё゜)\ ウーン
1,2弦のチョーキングは結構辛いかもね。。。^^;
a0017909_17134167.jpg
で、張り替えた印象ですが、低音が鳴るようになった、、、というか低音が重くなった。。。
こーゆー表現難しいのですが、音量的に低音がデカくなったのではなく、低音に厚みが出たと言うか。。。
SPやMARQUISのような倍音キラキラ感少なくなってる感じ。
人に言わせるとニッケル弦はマグネットPU用で音自体芯が無い・・・云々言う人もいるようですが、意外や意外、芯はあるし、キラキラしてないせいかメリハリ感もある。
張り替え直後のギラギラした感じが少ない。
結構新鮮な感じで私は好きですね。
(^^♪
持ちはどうなのかな?
暫く使ってみないとわかりませんね。
( ˘ω˘ )
巻弦の滑りもSPと比べて微妙な違いですが滑らかなような気がします。
(°口°;) !!
変わり種を試したい方にお勧めかも。。。^^;
ただ残念なことに売ってるところが少ないです。
お茶の水でもざっと見て歩いて、マーチンの総本山、クロサワ楽器でやっと見つけったって具合ですから。。。
まぁネットで買えばいいんでしょうけど、、、^^;
しかもMAQUISのようにHardoffで安く売ってませんし。。。
( ;∀;)




にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
[PR]
# by yellow-bird007 | 2017-09-05 17:25 | 音楽 | Comments(0)

S-60に張り替え可能なピックガードを

S-60にピックガードを作ってあげました。^^;
一応指弾き用として作られたギターの様ですが、やはりピックでも弾きますからね。。。
傷つくのは嫌だし。。。^^;
まずはどんな形が良いか検討いたしましたが、やはりカッタウェイはTaylorの形状がいいかな?、、、と。
手に入りやすそうだし。。。
んで早速ヤフオクで非純正品をゲット!
480円也!^^
a0017909_18224773.jpg
型を取るだけなので、似たような形状ならいいかと。。。
ピックガードシートはPICKBOYの透明のシートを購入。
a0017909_18224957.jpg
しかしこのシート、”一度貼ったら2度とはがすな””剥がしたら塗装が痛むかも”、、、みたいな但し書きが。
普通ピックガードって頻繁にはがすものではないので当然といえば当然なんだけど。。。
今回は張り替え可能なピックガードを作りたいので、ちょっと保留。
さてボディへの貼り付けはどうしようと、、、思いついたのが、スマホの液晶保護シート。
ペタンと張り付く特殊シリコン皮膜やつありますよね。
あれなら張り直しが出来るはずだし。
ギター本体の塗装に糊が残ったり、塗装がはがれることもなさそう。
タブレット用の良いだろうと10インチのiPAD用を買った。
アウトレットで安かったので3枚購入。

届くまでの時間にまた新たな構想が。。。^^;
生木で作ったらカッコいいかも。。。と浅はかな考えが。
厚さ1mm程度の都合のいい板なんてあるのだろうか?
ネットで色々調べてもなかなか見つからず、諦めかけた時に一軒見つけた。
しかもお手頃なA4サイズ。
竹製のシート。
3層ラミネートのベニヤ板です。
2層(厚さ0.6mm)でもよかったかも。。。
でも3層でもハサミでカットできます。
このシートを切り抜き、液晶保護シートに両面シールで張り付ければ良いかと思っていましたが、
この竹製の板が波打ってまして。。。
アイロンとか水で湿らせて矯正とかいろいろ手はあるでしょうが、手間かかかるので、切り抜いた段階で今のとこ保留。
a0017909_18224415.jpg
仕方ないので丁度届いたタブレットの液晶保護シートをPICKBOYの透明シートの組み合わせで良いかと、
液晶シートをカットしてみたら、、、なんと!
糊付き!しかも縁のみ!
(°口°;) !!
圧着タイプかと思いきや、、、
ならばスプレー糊ではどうなの?
ポストイットの様に何度も剥がせるスプレー糊があったはずと。。。
一応別のタブレット用液晶保護シートもネットで注文しつつ、
出かけホームセンターでたまたま見つけたのがオーク材で出来たシート。
裏はシール状になっているので使えるかと購入。
a0017909_18231471.jpg
これに使えない糊のない液晶シートを張り付け、裏にスプレー糊を吹きかけ完成!
ただ問題が。。。
オークの木地が無加工なのか艶消し加工なのか、今一本体との色合いのバランスが良くない!
スプレー糊も何度も張り直しができるのは良いが、剥がすの糊がボディに残る。
残らないように薄く吹くと、数時間ではがれてくる。。。
木地の表面は漆加工でもして艶々していた方がやはり良い。
漆を勉強するにはもっと時間が必要だし。。。
これまた却下。
a0017909_18234916.jpg
んで、新たにタブレットの保護シートが来たので、一応確認。
今度は大丈夫!^^
チャンと張り付いてくれる!
a0017909_18231691.jpg
ただ張り直し可能とは何処にも書いてないけど。。。
なんとか大丈夫そうです。。。^^;
これを透明ピックガードの裏に気泡が入らないように張り付け。
ギター本体に張り付けて完成!
透明なのでぱっと見判りませんね!^^;
光が当たらないと。。。
(^_-)-☆
a0017909_18235374.jpg
a0017909_18235151.jpg
a0017909_18231909.jpg
a0017909_18231743.jpg


[PR]
# by yellow-bird007 | 2017-08-30 18:30 | 音楽 | Comments(0)

Morris S-60のTUSQのサドルに交換

a0017909_22580167.jpg
午前中にネット注文してたTusqのサドルが着いたのだ、昼飯前に作業いたしました。
削る作業を少なくしようと、今回はサイズの似通ったフェンダー用のサドルをチョイス。
a0017909_22575502.jpg
若干薄めでしたが、、、 (^^ゞ
元々のサドルも同じく薄めでキッチリにはなってなかったですけどね。
(ーー;)
a0017909_22575710.jpg
1 、2弦はオリジナルより少し高めに、バズらないようにしてみました。
(^^)b
で、取り付けてみまして、、、
a0017909_22575929.jpg
かなりの変化が感じられます。(^^♪
音の輪郭がハッキリした感じ。
倍音が少し増えて明るい音色になりました。
ピックで弾くとさらに違いが現れます。
音に広がり感が出ましたが、芯がしっかり感じられるので、ダメと思われていたストロークもいい感じなったのではないかと。。。
(^^)v
ただ相対的に低音側、特に6弦、3フレット付近の詰まり感は解消せず目立つ感じになってしまったような。。。
(ーー;)
でも以前と比べて全然良くなったことは確かです。
良い楽器だと、何かにとりつかれたように弾き続けたくなるものです。
Headwayの2本ともそうでしたが、家に来たばかりのS-60はそうではなかった。
でも今回サドルを交換してようやくその領域にたどり着いたようです。
(^◇^)
次はピックガードを作りたいと思います。
現在タブレットの液晶保護シートをTaylorのピックガードの形状に切り抜いたものを張り付けてます。
裏表逆さにカットしてしまいましたが。。。
(^^ゞ
木目が良いかな?やはり。。。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

[PR]
# by yellow-bird007 | 2017-08-21 23:02 | 音楽 | Comments(0)